阪急京都線 平日昼間ダイヤの変遷
2010年3月14日改正ダイヤ

2010年3月14日(日)初出

2013年改正2010年改正2007年改正2003年修正2001年改正1997年改正1993年改正


 2010年3月14日に摂津市駅が開業したことを受けて、ダイヤ改正が実施されました。昼間時間帯については、2007年改正ダイヤをベースに、特急の最高115km/h運転および改良型ATS化が反映された、小規模な変更に留まりました。

 なお、ここでは取り上げませんが、平日ダイヤの夕ラッシュ時については白紙改正が実施されました。

 終日のダイヤグラムはこちら(平日土休日)をご覧ください。


昼間時間帯の種別と停車駅

 2007年3月17日改正ダイヤから変更はなく、新たに開業した摂津市には普通のみが停車します。

各種別の停車駅と運行系統

2010年改正 梅 十 南 崇 淡 上 相 正  南 茨 総 富 高 上 水 大 長  西 東 洛   西 西 大 烏 河
昼間時間帯       禅   新      茨 木 持   槻   無 山 岡天 向 向 西 桂 京       原
      田 三 方 寺 路 庄 川 雀  木 市 寺 田 市 牧 瀬 崎  神 日 日 口   極 院 宮 丸 町
───────────────────────────────────────────────────────────
 普 通  ○─○─○─○─○→北千里     : :     :       :       :       : :
  〃      天下茶屋←○─○─○─○──○─○─○─○─○       :       :       : :
  〃   ○─○─○─○─○─○─○─○──○─○─○─○─○       :       :       : :
 準 急  ○━○━○━━━○━○━━━━━━━○━○━━━━━○─○─○─○─○─○─○─○─○─○─○─○─○─○
 特 急  ○━○━━━━━○━━━━━━━━━━━○━━━━━○━━━━━━━○━━━━━━━○━━━━━━━○━○


昼間時間帯のダイヤパターン

 ダイヤパターンは、特急・準急・普通の3種別による、10分間隔運転です。

 特急と準急はそれぞれ10分間隔で運転され、普通は、各々20分間隔で運転される梅田〜高槻市の系統と天下茶屋〜北千里の系統、梅田〜北千里の系統と天下茶屋〜高槻市の系統がそれぞれ淡路で相互に接続をとることで、10分間隔の乗車機会が確保されています。

このダイヤの特徴・注目点

(1) 摂津市駅開業

 省エネ施設の導入とCO2排出枠購入によってCO2排出量を実質ゼロとした、日本初の「カーボン・ニュートラル・ステーション」として、南茨木〜正雀間に摂津市駅が開業しました。摂津市には、普通のみが停車します。

(2) 改良型ATS化

 2006年10月28日(土)のダイヤ改正に向けて導入された神戸本線に続いて、京都本線でも改良型ATS化が実施されました。これまで段階的な減速を必要としていた駅停車時に、一段減速が可能となりました。

(3) 特急の全3扉車化

 2001年改正以来、特急は2扉車と3扉車が混用されてきましたが、6300系が引退したことで、全て3扉車化されました。また、そのほとんどが9300系での運転となり、ロングシート車で運転されるのは上り3本・下り4本のみとなりました。

(4) 特急の最高115km/h運転

 特急の最高速度が110km/hから115km/h運転に上げられ、河原町〜梅田間の所要時間は最速で上り42分50秒・下り43分10秒となりました。ただし、42分台で走る上り特急は6本に限られ、大半は43分台です。

ダイヤグラムのイメージ

阪急京都本線・千里線・嵐山線の平日昼間ダイヤの平日昼間ダイヤ(2010年3月14日改正)のイメージ

 ダイヤグラムのイメージの作成には、WinDIA 1.1kを使用しました。なお、このダイヤグラムのイメージは、時刻表など一般に入手しうる情報をもとに、WinDIAのダイヤ表示機能を使用して作成したイメージであり、実際のものとは異なります。特に、終着駅を除く着時刻は、正確でない場合があります。

 ダイヤグラムのイメージでは、PNG形式の画像を使用しており、ブラウザの種類やバージョンによっては表示されないことがあります。

2010年改正2007年改正2003年修正2001年改正1997年改正1993年改正


参考資料

未確認"鉄道"研究室(U.R.L.)"新京阪"掲示板


未確認"鉄道"研究室(Unidentified "Railway" Laboratory)Copyright ©2010 Fair_Fare.
All rights reserved.