"新京阪" 掲示板

 阪急京都線を中心とした、主に鉄道関係の話題を扱う掲示板です。

 タイトル画像をクリックすると、大きなサイズの写真を表示させることができます。

  2013年12月21日(土)改正の阪急京都線のダイヤグラム(平日土休日)を公開中!

管理者:Fair_Fare@U.R.L.

 なお、当掲示板は、非公認の私設掲示板です。阪急電鉄(株)などの鉄道会社や自治体に対して、当掲示板上の内容に関連するお問い合わせ等をなさないようお願いいたします。当掲示板の管理・運営に関するご意見とともに、管理担当Fair_Fareがメールにてお伺いします。また、掲示板にそれらに類する投稿があった場合は、予告や理由の説明なく管理担当者の判断で削除することがありますので、あらかじめご了承ください。



おなまえ 
Eメール 
タイトル 
コメント(タグ使用不可


※ 投稿できない場合は、ご一報ください。


1ページあたりの表示件数:最大20件


● JR奈良線棚倉駅について

投稿者:通りさん  投稿日:2018/08/09(Thu) 01:43:24
No.4142


奈良線での複線化工事が進む中
棚倉駅の一線化スルー工事が思いの外早く進んでおります

もしかしましたら複線化工事完成以前にこちらだけ先行して工事完了するかも知れません
どうやら駅舎側がそうなるようです

でもできれば長池駅や山城青谷駅の一線スルー化も望みたいところなのですが・・・


● メトロ中央線に新車か・・・

投稿者:麻夫さん  投稿日:2018/08/08(Wed) 15:20:19
No.4141  - E-mail -

 こんにちわ、大阪メトロ中央線に、新車が登場するという発表がありました。登場時期は分かりませんが、40000系という新形式となるそうで、只今デザインなどを検討しているそうです。
 中央線には現在アルミ製の初代20系と、ステンレス製の新20系こと24系があり、他に近鉄の7000系列がありますが、初代20系は登場から30年が経過しており、リニューアルからもずいぶん経っているので、そろそろ置き換えの時期かと思われ、実際に第1編成は廃車となってしまいました。
 また、この系列が登場すると、民営化して初めての新系列となる模様ですが、頭の数字を4を飛ばすことなく使うのも驚いており、実際に各民鉄の会社でも4000番台40000番台を飛ばすところが多く、現在この番号を使うのは首都圏の小田急と西武、東急。名古屋の名鉄。それに阪急がありますが、阪急の場合は旅客車両ではなく、事業用で、東急も5050系のナンバーがあふれる事を防止するために10連を4000番台にしたとのことで、忠実に遣っているのは西武で、こちらは4000系も40000系もあります…さて、大阪メトロ中央線の新系列車は、どのようなデザインになるのか、今からたのしみです…


● JR奈良線桃山駅&六地蔵駅情報

投稿者:通りさん  投稿日:2018/08/08(Wed) 06:28:32
No.4140


大変ご無沙汰かな・・・

表題の駅についてですが
結構以前からですが(昨年末辺りから)
中線の2番線の線路とホームが取り外されて壊されてしまいましたので
現在では1番線と3番線のみの運用で2面2線の構造駅化となってしまいました・・・

これでまた一つ国鉄型の2面3線の構造駅が無くなってしまいました・・・
臨時列車ももうここでは折り返せなかったり運転されなくなるのかも知れませんね

京都方面行きの快速系統列車の通過も1番線で行なうのでしょうか・・・

あと六地蔵駅についてですが
一箇月程前に行った際には目立った工事や改築や移動等は何も見受けられませんでした

今後暫くはこのような見たまま変化の状況記載が主ととなりそうです


● 駅名の付け方に忖度がありそうな・・・

投稿者:上新庄さん  投稿日:2018/08/07(Tue) 14:30:35
No.4139

北大阪急行は、2020年度に開業予定の延伸区間に新設する2つの駅の名称を正式に発表しました。
終着駅は「箕面萱野」、中間駅を「箕面船場阪大前」とします。

箕面萱野は地名が萱野にあるためつけられました。

箕面船場阪大前は地名が船場であることと将来大阪大学のキャンパスが移転する予定のためつけられました。

個人的には箕面萱野はわかります。
しかし箕面船場阪大前は大阪大学が来るまでは「箕面船場」でも良かったのではないかと考えます。
これは万が一大阪大学が船場ではない別の場所に移転したり移転が無くなったときに「阪大前」とつけるとそこに阪大があると誤解する可能性があるからです。
また、まだ大阪大学のキャンパスがないのに「阪大前」とつけてることで先述した誤解が生まれる可能性があるからです。
特に入試のときや、入学式の時は混乱しそうです。
もしかして北大阪急行と大阪府、箕面市の間に忖度があったのかと思うのは私だけでしょうか。


● 阪急阪神HD・神鉄の平成30年度第一四半期決算について

投稿者:京急八王子さん  投稿日:2018/08/04(Sat) 13:54:11
No.4138

再連投失礼します。
阪急阪神HDおよび同グループである神戸電鉄(以下神鉄)の平成30年度第一四半期決算が公表されましたので表示しておきます。

@、阪急阪神HDの都市交通事業
 営業収益/損益ですが、営業収益は595億6300万円(1.2%増)、営業利益は127億9500万円(0.6%増)となりました。

 鉄道事業において阪急線が6月18日の大阪北部地震の影響等により減収となったものの、阪神線が堅調に推移し
たことに加え、自動車事業において連結子会社が増加したこと等により増収。営業利益は減価償却費が増加したこ
と等により前年同期並み

 利用客の増減ですが、阪急電鉄(以下阪急)は「定期外 1.3%減、定期 0.8%増(通勤1.2%増、通学0.1%増)、トータル 0.2%減」、阪神電気鉄道(以下阪神)は「定期外 2.2%増、定期 1.3%増(通勤1.3%増、通学1.2%増)、トータル 1.8%増」となりました。

A、神鉄の運輸業
 営業収益/損益ですが、営業収益は34億2200万円(0.1%減)、営業利益は5億7700万円(1.6%増)となりました。

 利用客の増減ですが、「定期外 1.4%減、定期 0.3%増、トータル 0.3%減」となりました。 2.2+ 0.4-  0.5+

 阪急につきましては定期利用客は28年度に続いて増加したものの、定期外とトータルは減少に転じました。
 大阪北部地震の影響がありそうですね。
 阪神につきましては28年度に続いてトータルにて増加に転じました。
 神鉄につきましては定期利用客が再び増加に転じましたが、定期外利用客とトータルにて減少となりました。
 鉄道事業の減収は相変わらずのため、何も驚きませんけど・・

>>最後に
 今年夏頃の供用開始を予定しております神鉄の鈴蘭台駅の橋上駅駅舎化工事ですが、9月に予定されてりるそうです。
 また、阪急・阪神・神鉄の利用客数は平成22年10月以降の計上方法で算出されています。


● 京都市営地下鉄の平成29年度経営状況

投稿者:京急八王子さん  投稿日:2018/08/04(Sat) 11:28:52
No.4137

申し訳ありません。
No.4136のタイトルと投稿者が逆になってしまいましたので再投稿します

連投失礼します

京都市営地下鉄(以下京都市交)の平成29年度経営状況がでたようですので表示しておきます。

 営業収益: 278億6700万円(28年度: 274億 700万円)
 営業支出: 255億4100万円(28年度: 249億4200万円)
 営業損益: 23億2600万円(28年度: 24億6500万円)
 経常損益:  2億1200万円(28年度: 16億 800万円)
※現金損益: 94億 600万円(28年度: 105億8800万円)
  純損益:  2億1200万円(28年度: 16億 800万円)
 
 ※現金損益とは減価償却前を差し引いた経常損益。

 利用客(一日平均)の増減ですが「定期外 1.4%増、定期 3.6%増、トータル 2.1%増」となっています。
 駅ナカビジネス、今年3月に実施したダイヤ改正(烏丸線の増便、京阪京津線直通列車の太秦天神川行の増便等)、京都市と関連したイベント等をやることで利用客増加できた感じですね。
 また、地下鉄も使える京都観光一日(二日)乗車券も値下げされましたが、こちらの影響はどうでしょうか???
 営業黒字は6年連続、最終黒字も3年連続となりました。
 この取り組みを続けていくこと、経営健全化団体から脱却できそうですが・・・

Fair_Fareさん
 No.4136の削除をお願いします。
 理由:タイトルと投稿者名が逆になったため。
No.4127に続き申し訳ありません。


● 阪急出資の第3セクタ2社の平成29年度経営状況

投稿者:京急八王子さん  投稿日:2018/08/04(Sat) 10:46:10
No.4135

遅くなりましたが
阪急が出資している第3セクタ2社の平成29年度経営状況がでましたので表示しておきます。

@、北大阪急行電鉄(以下北急)
 営業収益:62億3863万円(28年度:58億 376万円)
 (鉄道事業の営業収益:53億9797万円(28年度:49億7193万円))
 営業支出:56億8204万円(28年度:52億6877万円)
 (鉄道事業の営業支出:51億3808万円(28年度:47億2601万円))
 営業利益: 5億5658万円(28年度: 5億3499万円)
 (鉄道事業の営業利益: 2億5922万円(28年度: 2億4592万円))
 経常利益: 4億5465万円(28年度: 4億3401万円)
  純利益: 3億1118万円(27年度: 2億9193万円)

 利用客の増減ですが、8月4日現在更新されていません。わかり次第表示します

 営業収益は28年度に続いて増加、営業利益も本年度は増加に転じました。
 前年度に続いて営業費は増加しているものの、営業収益の増加が上回った感じですね。
 

A、大阪高速鉄道(以下大阪モノレール)
 営業収益:112億3053万円(28年度:113億7716万円)
 (軌道業の営業収益:107億7977万円(28年度:109億3884万円))
 営業支出:68億3215万円(28年度:68億3215万円)
 (軌道業の営業支出:75億6651万円(28年度:65億6286万円))
 営業利益:36億6402万円(28年度:45億4501万円)
 (軌道業の営業利益:34億5540万円(28年度:43億4357万円))
 経常利益:33億9839万円(28年度:42億4014万円)
  純利益:23億4906万円(28年度:29億5254万円)
 利益剰余:57億 925万円(28年度:33億6018万円)

 利用客の増減ですが「定期外 4.2%減、定期 11.9%増(通勤 9.0%増、通学 26.8%増)、トータル 1.9%増」となっています。
 大阪モノレールは、トータルにて利用客が28年度に続いて増加したものの。定期外は現象に転じました。
 定期は全ての月にて増加。定期外は全ての月にて減少。トータルでは4月と7月以外は増加となりました。
 定期外の減少は利用客のみならず運輸収入にも影響し、営業収益の減少なった感じですね。

 今年も大阪モノレールの決算公開が通年よりも一ヶ月遅れました。
 今後もずっと7月に公開となるのでしょう。
 北急は通年通り決算公開されましたが、利用客数の更新はまだされていません。
 28年度同様に未公開である理由が不明ですね。
 28年度は7月末に公開されました。 

 


● 引退の美学とはこういうことか・・・

投稿者:上新庄さん  投稿日:2018/08/01(Wed) 19:12:39
No.4134

9月16日に引退する歌手の安室奈美恵さんの名曲「Hero」が電車の発車メロディーとして起用されることになりました。
安室さんの楽曲が電車の発車ベルとなるのは初めてです。

 安室さんの活動の軌跡をたどる展覧会と連動して東京会場の渋谷ヒカリエと直結した東急東横線の渋谷駅(東横線方面の列車のみ)と、福岡会場の福岡三越・三越ギャラリーと直結した西鉄の福岡天神駅で流れます。

期間は渋谷駅が8月17日からで、福岡天神駅が8月11日からです。
終了は安室さんが引退する9月16日までです。

最後まで安室さんは伝説を残します!
しかもリオデジャネイロオリンピックのテーマソングとは粋です!
安室さんが引退する9月16日まで目が離せません!


● 来年の春どうなるか!

投稿者:上新庄さん  投稿日:2018/07/24(Tue) 18:27:36
No.4133

 JR西日本は7月24日、建設を進めているおおさか東線の新大阪〜放出間に設置する4駅の名称を発表しました。

 新たに決まった駅名は、南吹田、JR淡路、城北公園通、JR野江です。なお、これまでの仮称はそれぞれ、西吹田、淡路、都島、野江でした。

 南吹田駅は所在地であり、吹田市の最南端の駅となることからです。
また、JR淡路駅は隣接する地域の名称であり、阪急線の淡路駅と区別するため「JR」を頭につけます。
城北公園通駅は旭区と隣接する都島区を貫く通りの名称からです。
そしてJR野江駅は所在地の名称であり、京阪本線の野江駅と区別するため「JR」を頭につけた名称とします。

 4駅はいずれも高架駅で相対式ホームです。
8両編成に対応し、各ホームにエレベーター1基とエスカレーター2基が設置されます。また、学研都市線の鴫野駅にも、おおさか東線の列車が停車するようになります。

 おおさか東線は、新大阪駅から、放出駅を経て久宝寺駅に至る路線です。
既存の城東貨物線を旅客用としても活用することで生まれた路線で、大阪の東部地区を南北に結びます。
新大阪〜放出間は2019年春に開業する予定です。

ついにおおさか東線の駅名が決まりました!

城北公園通は結局地元の意見が反映されたようです。
とはいえ人の流れが変わるのは確実。
あとは直通快速がどれだけ増えるか、各駅停車が1時間にどれだけくるか期待が膨らみます。

梅田に乗り換える人が分散して混雑緩和になればいいのですが果たしてどうなるか注目です。


● No.4131の修正。

投稿者:京急八王子さん  投稿日:2018/07/13(Fri) 14:01:54
No.4132

申し訳ございません。

No.4131にてリンクを貼りましたがエラーになりましたので、プレスリリースのリンクを張りました。
http://www.osaka-monorail.co.jp/jpn/companypress2-2.html


● 大阪モノレールの延伸について

投稿者:京急八王子さん  投稿日:2018/07/13(Fri) 13:58:35
No.4131

2018年7月11日、大阪高速鉄道(以下大阪モノレール)は軌道法に基づき、本線の延伸区間(門真市・瓜生堂間)の運輸事業特許の取得に向け、国土交通大臣に対し申請したそうです。

門真市・瓜生堂(仮称)間の距離は8.9キロメートル。中間に2駅(鴻池新田(仮称)、荒本(仮称))が設けられます。
開通予定は以前から噂となっていましたが、2029年ですね。

認可が下り次第、工事着工となりそうですがどうでしょうね?


プレスリリース資料は、以下をご覧ください。
file:///C:/Users/hot-pc/AppData/Local/Microsoft/Windows/Temporary%20Internet%20Files/Content.IE5/2FU31XVM/6f06ca54d5b78b750ea860bbde0d5127.pdf

最後に
Fair_FareさんNo.4127を削除していただき、ありがとうございました。


● 十三駅ホームドア

投稿者:堺筋準急さん  投稿日:2018/07/10(Tue) 00:07:38
No.4130

 日曜日(7月8日)現在の情報ですが、十三駅3号線(宝塚線下り)ホームにホームドアが設置されていました。まだ機械のみの設置で
ドアは稼働していませんでした。


● 阪急阪神HD・神鉄の平成30年度事業計画について

投稿者:京急八王子さん  投稿日:2018/06/23(Sat) 16:11:05
No.4129

連投失礼します。
阪急阪神HDおよび同グループである神戸電鉄の平成30年度の事業計画がEDINETに公表されましたので報告します。

1、阪急電鉄(以下阪急)
 ・京都本線・千里線(淡路駅付近)高架化
 ・鉄道車両32両新造

2、阪神電気鉄道(以下阪神)
 ・阪神本線(住吉・芦屋間)高架化
 ・阪神本線(鳴尾駅付近)高架化
 ・梅田駅改良

3、北大阪急行電鉄(以下北急)
 ・北大阪急行線延伸

4、神戸電鉄(以下神鉄)
 ・三田線複線化工事
 ・粟生線複線化工事
 ・第二車庫新設工事

鉄道車両について
 阪急の1000系シリーズ(1000/1300)のうち、1000系4編成(1011Fと1014Fは神戸線、1012Fと1013Fは宝塚線)を指していると思われます。

その他
 平成26年度から開始したTTCシステムの更新も終了した感じですね。


● 大手私鉄16社による平成29年度の決算

投稿者:京急八王子さん  投稿日:2018/06/23(Sat) 16:06:49
No.4128

No.4127にてタイトルと投稿者名が逆になってしまいました。
申し訳ございません。
タイトルと投稿者名を入れ直した上で再投稿します。

遅くなりましたが、
日本民営鉄道協会によると大手私鉄16社による平成29年度(平成30年3月期)の決算が公開されたそうです。

@、鉄軌道部門の営業損益
 関東9社合計は約2402億3500万円(0.6%減)、関西5社合計は約763億800万円(1.8%減)、16社の合計では約3370億1900万円(0.4%減)となりました。
 関西5社の営業損益の内訳は以下のとおり、阪神のみ増加しております。
 ○近鉄:約261億8000万円(0.6%減)
 ○南海:約104億3700万円(8.3%減)
 ○京阪:約82億4600万円(1.5%減)
 ○阪急:約241億300万円(2.2%減)
 ○阪神:約73億4200万円(5.3%増)

 また、関西以外の11社では東武、京成、東急、京急、名鉄の5社で増加となりました。
 東武、京成、名鉄、阪神4社は前年度に続いて増加する一方、京王、小田急、東京メトロ、京阪、西鉄5社は前年度に続いて減少しております。
 インフラ工事による減価償却費の増加が営業損益を減少させているものと思われます。

A、利用客数(トータルのみ)
 関東9社合計(1.8%増)、関西5社合計(1.0%増)、16社の合計(1.6%増)となりました。
 関西5社の利用客数の内訳ですが、近鉄(0.4%増)、南海(1.0%増)、京阪(1.1%増)、阪急(1.2増)、阪神(2.1増)となりました。
 また、関西以外の11社では全社で増加となりました。
 
 関西5社で見ると、定期外/定期利用者共に全社でそれぞれ増加しました。
 関西以外の11社も、定期外利用客では定期外/定期利用者共に全社でそれぞれ増加しました。
 また、16社の利用客数がトータルで103億8600万人と前年度(102億1800万人)に続いて過去最高となりました。
 利用客数も前年度に続き大手私鉄全社で増加となりました。
 来年度もこのままでいきたいですね。

最後に
 編集中に大手私鉄16社による平成28年度の決算の投稿をしていないことに気付きました。

@、鉄軌道部門の営業損益(平成28年度)
 関東9社合計は約2402億3500万円(0.6%減)、関西5社合計は約763億800万円(1.8%減)、16社の合計では約3370億1900万円(0.4%減)となりました。
 関西5社の営業損益の内訳は以下のとおり、阪神のみ増加しております。
 ○近鉄:約263億4300万円(2.3%増)
 ○南海:約113億8600万円(1.9%増)
 ○京阪:約83億6800万円(0.2%減)
 ○阪急:約246億5400万円(1.7%増)
 ○阪神:約69億7100万円(10.3%増)

A、利用客数(トータルのみ 平成28年度)
 関東9社合計(1.4%増)、関西5社合計(0.7%増)、16社の合計(1.3%増)となりました。
 関西5社の利用客数の内訳ですが、近鉄(0.4%増)、南海(1.2%増)、京阪(0.9%増)、阪急(0.4増)、阪神(1.1増)となりました。

詳細を見たい方は以下のアドレスへ
・平成29年度 http://www.mintetsu.or.jp/association/news/pdf/News30_1.pdf

・平成28年度
http://www.mintetsu.or.jp/association/news/2017/05/19/pdf/News29_3.pdf

Fair_Fareさん
 No.4127の削除をお願いします。
 理由:タイトルと投稿者名が逆になったため。


● 大阪で地震が・・・

投稿者:麻夫さん  投稿日:2018/06/18(Mon) 14:51:23
No.4126  - E-mail -

 こんにちわ、本日朝7:58頃、地震速報が流れ、関西地区で大きな地震がありました。震源地は大阪北部だそうで、震源地を含む最大震度は、震度6弱とのことで、震度6弱は大阪市北区と高槻市、枚方市、茨木市、箕面市だそうです。
私は横浜の自宅にいましたが、関西に親戚がおり、毎年こちらへ出かけるなど、特別な場所とあって、余震等も含めて心配でたまりません。
 さらに詳しい情報が分かればと思っています・・・


● (タイトル欄未記入)

投稿者:ちさとさん  投稿日:2018/06/11(Mon) 01:43:52
No.4125

北大阪急行延伸線の駅名が「箕面萱野」と「箕面船場阪大前」が候補に挙げられています
仮称では新箕面と箕面船場でしたが現在バス停は かやの中央 なので疑問に思ってました。
ただ箕面船場に将来阪大キャンパス新設されるため名前の先取りだそうです
刀根山からの移設か詳細不明ですがどこにそんな敷地があるのか疑問ですが?

近鉄のFGT開発が話題になっていますが、なんと半世紀前に京阪電車が淀屋橋から京津線経由近江今津までの乗り入れを計画していたそうです
その当時西武が琵琶湖を制覇せんとしていたため対抗上江若鉄道を傘下にして湖西開発必要性直通運転を計画
ただ江若鉄道は狭軌のため乗り入れに真剣に取り組む考えがあったようですが、江若鉄道ジーゼルエンジンのため排気の問題、標準軌道化及び電化するには費用がかかる等によるいつの間にか立ち消えたようですが、実現していれば湖西線はなかったでしょうね。


● 座席指定は最近のトレンド??

投稿者:上新庄さん  投稿日:2018/06/07(Thu) 01:05:11
No.4124

JR西日本が、近畿圏の一部在来線で「有料座席車」の導入を検討しているようです。
長距離を移動する旅行客やビジネス客の利用を想定しており、運行形態や具体的な区間などを固め、2023年の春ごろまでの運行開始を目指します。
料金収入増や乗客ニーズに応える狙いがあるといいます。

関東では既に東武の「TJライナー」や西武の「S-TRAIN」、京王の「京王ライナー」などがあります。

関西では、泉北高速鉄道の「泉北ライナー」、京阪の「プレミアムカー」、南海の「サザン」、近鉄特急などがあります。

今後、JR西日本が参入することで、競合する私鉄各社でも導入が加速する可能性があります。

ついにJR西日本が本気をだしました!
新快速を中心に座席指定を導入すればお金を出しても乗りたくなりますしまた長距離利用者もある限りは座って乗りたいという気持ちになると思います。

阪急、阪神、山陽電車は果たして座席指定を導入するのか注目です。


● やっと新型に!

投稿者:上新庄さん  投稿日:2018/06/07(Thu) 00:50:27
No.4123

しなの鉄道は新型車両を2020年7月頃から導入すると発表しました。

現在は115系が走ってますがすべてJR東日本から購入したもので、国鉄時代に製造されたものであるだけに、近年は故障件数が増加し、保守用の部品調達も困難になっていることから、安全・安定輸送のために、早期の新車導入が必要と判断しました。

導入される新車は、総合車両製作所が製造する「sustina」で、JR東日本のE129系電車などで実績があり、コスト削減や安全・快適性を向上させることができるといった点が評価され導入が決まりました。

2019年度から2026年度にかけて総事業費約110億円を投入し、2両編成26本52両を購入しますが、最初は平日の朝・夕や土休日に運行する有料ライナー列車に対応する車両を3編成導入します。

なお、総事業費のうち、車両購入などに関する費用は、国が3分の1、長野県が6分の1、沿線市町が6分の1、しなの鉄道が3分の1をそれぞれ負担しますが、車両の付帯設備については、しなの鉄道が全額負担します。

今後は2019年3月までに仕様を打ち合わせ、同年4月に発注し、2020年3月に納車後、試運転を開始する予定となっています。

ついにしなの鉄道が新型車両に踏み切りました!

E129系をベースになる可能性が高いですがもし実現したらJRとのメンテナンスの一体化もできます。
今後が楽しみです。


● ICOCAはどこまでいこか?

投稿者:上新庄さん  投稿日:2018/06/07(Thu) 00:42:10
No.4122

JR西日本は、『ICOCA』の利用エリアを、9月15日に一体化させると発表しました。

現在、『ICOCA』のエリアは、「近畿圏」「岡山・広島・山陰・香川」「石川・富山」の各エリアに分かれていますが、それぞれが分断状態となっているため、エリアを跨っての利用ができませんでした。

しかし、9月15日には山陽本線相生〜和気間、赤穂線播州赤穂〜長船間、北陸本線近江塩津〜大聖寺間が利用エリアに入ることから、各エリアがつながり、跨っての利用が可能となります。

ただし、今年3月のダイヤ改正から実施されている「入場駅から出場駅までの営業距離が最短経路で200km以内」という制限はこれまで通りです。

大阪近郊区間内のみを利用する場合、特急『サンダーバード』『しらさぎ』『くろしお』『やくも』のそれぞれの停車駅間を利用する場合、大阪近郊区間内の駅と特急『サンダーバード』『しらさぎ』『くろしお』の停車駅間を利用する場合、この制限は適用されません。

また、インターネット予約サービスの「スマートEX」利用時を除いて新幹線を利用できないこと、「石川・富山」エリアのうちIRいしかわ鉄道やあいの風とやま鉄道を利用できる区間が越中宮崎〜大聖寺間と高岡〜新高岡間はこれまで通りです。

ついにICOCAはここまできました!
あとはローカル線や四国全域まで広げられたらですがまだまだ課題が多いようです。
しかし今後に期待しましょう!


● ATCがついに!

投稿者:上新庄さん  投稿日:2018/06/07(Thu) 00:37:37
No.4121

JR西日本は和歌山線のうち、橋本〜和歌山間に無線式のATCを導入すると発表しました。JR西日本の在来線にATCが導入されるのは初めてです。

無線式ATCは、制御装置と列車との間で連続的に無線通信を行ない、各列車の在線位置を把握し、その上で前方列車の位置を掴み後方列車との距離を自動的に安全なものに保てる速度に調整する機能を持つとのことです。

連続的な通信を行なうことにより、踏切などでの異常時や自然災害に伴なう速度規制が発生した際に、列車へそれらの情報を送信し、自動的にブレーキをかけることができるなど、運転支援機能が充実するほか、従来のATCに必要だった地上子や、ケーブルといった地上設備を大幅に省略することが可能となり、メンテナンス性が向上するとしています。

無線ATCの車上装置は、2020年春に和歌山線へ投入される予定の227系に搭載し、2023年春には一部列車で、2024年春には全列車で稼働する計画となっています。

ついにATCを導入することになりました!

東日本でいうATACSに近い形になるのでしょうか。

ただ本数が少ない路線で果たして効果があるかは未知数ですが注目です。


過去ログ| |管理者専用

- SunBoard -
(Redesigned by Fair_Fare@U.R.L.)