"新京阪" 掲示板

 阪急京都線を中心とした、主に鉄道関係の話題を扱う掲示板です。

 タイトル画像をクリックすると、大きなサイズの写真を表示させることができます。

  2013年12月21日(土)改正の阪急京都線のダイヤグラム(平日土休日)を公開中!

管理者:Fair_Fare@U.R.L.

 なお、当掲示板は、非公認の私設掲示板です。阪急電鉄(株)などの鉄道会社や自治体に対して、当掲示板上の内容に関連するお問い合わせ等をなさないようお願いいたします。当掲示板の管理・運営に関するご意見とともに、管理担当Fair_Fareがメールにてお伺いします。また、掲示板にそれらに類する投稿があった場合は、予告や理由の説明なく管理担当者の判断で削除することがありますので、あらかじめご了承ください。



おなまえ 
Eメール 
タイトル 
コメント(タグ使用不可


※ 投稿できない場合は、ご一報ください。


1ページあたりの表示件数:最大20件


● Pitapa使用範囲について

投稿者:ちさとさん  投稿日:2018/10/11(Thu) 14:14:00
No.4162

PitapaJR西日本の利用範囲は下記Pitapaのホームページを参照ください
http://www.pitapa.com/newscp/

山陰本線が園部 福知山線は篠山口 紀勢線は不可和歌山迄が気になりますか


● 鉄道ピクトリアルの阪急電鉄8000系特集について

投稿者:京急八王子さん  投稿日:2018/10/09(Tue) 15:30:49
No.4161

間接ながら連投失礼します

鉄道ピクトリアル10月号にて阪急8000系シリーズ(8000・8300)の特集が組まれていましたので投稿します。

掲載内容は株式会社ネコパブリッシングが発行している鉄道車輌ディテール・ファイル021「阪急8000・8300系」とほぼ同じ内容と思っていましたが。
実装している制御機器やコンプレッサーの説明が写真付きで掲載されており、とても参考になりました。
また、8000系の移籍(神戸線⇔宝塚線)一覧や梅田駅での8000系(8000F)出発式の写真も掲載されておりました。

最後に
阪急神戸線特急ものがたりの記載があり、神戸線特急が誕生した背景と現在までの経緯も掲載されておりました。
中でも2100系の2114Fが、神戸線の梅田・須磨浦公園間の直通特急運用に就いている写真が乗っているのに驚いてしまいました。
(wikipediaにて調べたとこだと、2114Fは電装品が2000系昇圧の際に発生した余剰機器に取り替えられので2000系と共通運用可能だったようです。)

8000系シリーズに興味ある方は読んでみてはいかがでしょうか。


● 京王の臨時座席指定列車について

投稿者:京急八王子さん  投稿日:2018/10/07(Sun) 16:37:56
No.4160

連投失礼します。

 高尾山紅葉シーズンである11月の土・日・祝日を中心に、合計9日間の15時以降に高尾山口発新宿行の臨時座席指定列車「Mt.TAKAO号」を運行するとの事。

 高尾山は、毎年11月が1年の中でも来山者が最も多くなっており、15時から18時まで間にお帰りに利用される客が集中しているそうです。
 そこで最も混雑が集中する紅葉シーズンに、高尾登山から快適にゆったりご帰宅できる列車として平日は1本/1日、休日は2本/1日の臨時座席指定列車を運行するとの事。

 使用車両は京王ライナーにて使用するデュアルシート車両5000系。座席はクロスシートで座席指定料金は一律400円との事。
 途中停車駅は不明ですが、高尾山口駅から新宿駅まで途中駅での乗降は行わずに運行するとの事です。
 運行予定日は11/10、11、17、18、21、22、23、24、25
 (11/21,22は平日ダイヤにて運行。以外は土休祝ダイヤにて運行)

 高尾山口から座席指定列車を運行することには賛成ですが、途中駅にて乗降は行わないことに納得いきません。
 来山客は全て新宿から来ているのでしょうか?
 都営地下鉄沿線、渋谷、調布はたまた隣の高尾から来ている方もいます。
 特急停車駅である高尾、めじろ台、北野、高幡不動、聖蹟桜ヶ丘、分倍河原、府中、調布を乗降不可にするなら納得です。
 しかし、明大前は新宿に近いので停車扱いしても問題ないと思いました。

 詳細はここをどうぞ
 https://www.keio.co.jp/news/update/news_release/news_release2018/nr180926_takaozasekishitei.pdf


● No.4158 の訂正

投稿者:京急八王子さん  投稿日:2018/10/07(Sun) 15:56:28
No.4159

申し訳ありません。
誤字脱字になっているところがありました。

誤:(阪急5000系(非表示幕2両編成)、阪急5000系(リニューアル2両編成)、、)

正:(阪急5000系2両(先頭車+中間車)(非表示幕とリニューアル)、阪神5500系2両(先頭車+中間車)(原色とリノベーション)、能勢電500系2両(更新と未更新))


● 第25回鉄道フェスティバルが開催されました

投稿者:京急八王子さん  投稿日:2018/10/07(Sun) 15:43:28
No.4158

東京の日比谷公園(千代田区)にて「第25回 鉄道フェスティバル」が開催されているので行ってきました。

2年前と同様に鉄道事業者のブースを中心に見てきたのですが、オリジナルグッズや列車や駅にて使用された部品の販売が目白押しとなっておりました。
中でもJRグループ(特に北海道)、京阪、阪急、西鉄、小田急、東京都交通局ブースでは炎天下の中で長蛇の列ができていました。
また、JR東海では乗務員の方が来て、子供たち相手にじゃんけん大会をして大いに盛り上がっていました。

私も阪急グループ(阪急、北大阪急行)、京阪グループ(京阪、京福)、京王、伊豆箱根、銚子電鉄、東京都交通局にてグッズを購入しました。
(阪急ではマルーンの疾風卓上カレンダーと5000系ミニミニ方向幕、北大阪急行では8000型ミニミニ方向幕を購入)
来年は民営化にて誕生した大阪メトロも参加してほしいものですね。

開催日は本日10月6日と7日です。
イベントは今日までですが、興味ある方は来年一度行ってみてはいかがでしょうか?

最後に
 阪急の入れ込みは驚かされました。
 自社ブースのみならず、阪神・能勢電と3社で共同販売ブースを持った鉄道コレクション(以下鉄コレ)共同販売ブースやPEANUTSコラボブースを別に持って販売しており恐れ入りました。
 (阪急5000系(非表示幕2両編成)、阪急5000系(リニューアル2両編成)、、)
 また阪急くじ(1回500円)というものがあり、特等だと阪急7000系原型2両セットが当たるそうです。
 (8000系鉄コレが当たるならば何度でも挑戦したくなりますが・・・)
 また、阪急阪神ホテルズ(第一ホテル東京)も出店してビールとハンバーガーとパンを販売していました。
 (ビールカップの色はマルーンカラーで6300系の絵柄が入っています)


● ICOCAエリアでポストペイ

投稿者:Fair_Fare@U.R.L.  投稿日:2018/10/07(Sun) 00:22:49
No.4157  - 管理者宛メール -  > 未確認"鉄道"研究室 <

 2018年9月15日にICOCAエリアが拡大され、同10月1日より大阪近郊区間内でPiTaPaカードのポストペイ利用が開始されたJR西日本。同時にICOCA利用時のポイント、PiTaPa利用時の割引サービスがそれぞれ開始されています。また、昼特の発売が終了となった一方で、区間や時間帯を限定してのより高率のポイントまたは割引サービスも設定され、並行私鉄対策(というより阪急・阪神狙い撃ちの対抗策)はある程度継承されています。

 それらに昼特バラ売り対策の側面があることが明白である一方、阪急は切符式回数券の発売終了とカード式回数券の引換券通用期間当日化をもって同様の対策としており、ICカードへの誘導までは踏み込んでいません。JR西日本がICカード利用者に対してそこまでの安売りを仕掛けてくるとは想定していなかったのかもしれませんが、利用実態に応じて柔軟に割引を適用できることがポストペイの利点だとされながらそれを生かさずにいた民鉄側の油断を感じますし、痛いところを突かれた印象もあります。ボールを投げられた側の阪急は、どのように応じるでしょうか。あるいは無視するでしょうか。


 さて2019年春に、おおさか東線の北区間(新大阪〜鴫野・放出)が開業する予定となっており、すでに正式な駅名も発表されています。

http://www.westjr.co.jp/press/article/2018/07/page_12748.html

 それによると、阪急との乗換駅となる駅は「JR淡路」を名乗ることになっています。また、新大阪までの距離は3.3km。予定されている電車特定区間運賃が適用されると160円となります。南方から新大阪に向かった場合の地下鉄の運賃が180円ですから、あまり割安感はありません。PiTaPaカード利用者であれば、1回の乗車でも10%引きで支払額は162円となり、ほとんど差がないことになります。ICカードを使用して新幹線を利用する場合に在来線区間の運賃は別建てですから、淡路での乗り換え距離等の負担によっては、おおさか東線を使わない理由にもなりそうです。


 おおさか東線北区間各駅間の距離が公表され、新大阪〜鴫野の営業キロが現在の大阪・京橋経由に対して0.2kmの短縮となるようです。区間によっては最安経路が変化する可能性が考えられることから、その開業後にICOCAエリアにおいて普通運賃が値下がりする区間を計算で割り出しました。取り上げた区間以外は現状維持です。


               現行  おおさか東線新大阪開通後    備考

  大 聖 寺 〜 忍 ケ 丘   4,430  4,000(▲430)        プリペイドのみ
  福 井 〜 徳  庵   3,670  3,350(▲320)        プリペイドのみ
  大 土 呂 〜 新 加 美   3,670  3,350(▲320) 200km超IC不可→プリペイドのみ
  南 条 〜 四 条 畷   3,350  3,020(▲330)        プリペイドのみ
  湯 尾 〜 志  紀   3,350  3,020(▲330)        プリペイドのみ
 近江 塩 津〜 八  尾   2,590  2,270(▲320)
  彦 根 〜 野  崎   2,270  1,940(▲330)
  南 彦 根 〜 忍 ケ 丘   2,270  1,940(▲330)
  河 瀬 〜(関)柏 原  2,270  1,940(▲330)
  稲 枝 〜 鴫  野   1,940  1,660(▲280)
  篠 原 〜(関)柏 原  1,940  1,660(▲280)
  守 山 〜JR河内永和  1,490  1,320(▲170)
  瀬 田 〜 志  紀   1,490  1,320(▲170)
  膳 所 〜 野  崎   1,320  1,140(▲180)
  大 津 〜 放  出   1,140   970(▲170)
  京 都 〜 放  出    920   800(▲120)
  西 大 路 〜 三  郷   1,140  1,080(▲ 60)        幹線→電車特定区間
  長 岡 京 〜 放  出    710   640(▲ 70)
  島 本 〜 衣摺加美北    710   640(▲ 70)
  高 槻 〜河 内 磐 船   800   710(▲ 90)
  高 槻 〜 忍 ケ 丘    710   640(▲ 70)
  高 槻 〜 香  芝   1,140   970(▲170)
  高 槻 〜 吉 野 口   1,490  1,320(▲170)
 摂津 富 田〜 星  田    710   640(▲ 70)
 摂津 富 田〜河 内 堅 上   800   710(▲ 90)
 JR総持寺〜 衣摺加美北    550   460(▲ 90)        2018年3月17日開業の新駅間
 JR総持寺〜 住  道    550   460(▲ 90)
  千 里 丘 〜 同 志 社 前   970   840(▲130)
  千 里 丘 〜 住  道    460   390(▲ 70)
  千 里 丘 〜大 和 小 泉   920   800(▲120)
  岸 辺 〜 東 寝 屋 川   550   460(▲ 90)
  岸 辺 〜 法 隆 寺    800   710(▲ 90)
  東 淀 川 〜JR河内永和   300   220(▲ 80)
  東 淀 川 〜 野  崎    390   300(▲ 90)
  新 大 阪 〜 玉  水   1,140   970(▲170)
  新 大 阪 〜JR俊 徳 道   300   220(▲ 80)
  新 大 阪 〜 北 宇 智   1,320  1,140(▲180)
  マ キ ノ 〜JR河内永和  2,270  1,940(▲330)
  北 小 松 〜 放  出   1,660  1,490(▲170)
  蓬 莱 〜 四 条 畷   1,660  1,490(▲170)
  小 野 〜(関)柏 原  1,660  1,490(▲170)
 おごと温泉〜 放  出   1,320  1,140(▲180)
 比叡山坂本〜JR河内永和  1,320  1,140(▲180)
  手 原 〜 鴻 池 新 田  1,490  1,320(▲170)
 JR 藤 森〜JR 長  瀬  1,140   970(▲170)
  花 園 〜 志  紀   1,320  1,140(▲180)
 嵯峨 嵐 山〜 四 条 畷   1,320  1,140(▲180)
  馬 堀 〜 徳  庵   1,320  1,140(▲180)
  千 代 川 〜(関)柏 原  1,660  1,490(▲170)
  八 木 〜 高井田中央   1,490  1,320(▲170)
  八 木 〜 徳  庵   1,490  1,320(▲170)
  吉 富 〜 新 加 美   1,660  1,490(▲170)


 最安経路に新大阪〜鴫野を含む区間が対象となりますので、影響が出るエリアには偏りがあります。結構な値下げ額と区間数のように見えますが、さほど利用者が多いとは思えない区間がほとんどです。新規開業区間を利用するなど利便性向上に直結する利用者以外に、運賃面で恩恵を受ける人はさてどの程度いるでしょうか。


▼ ICE4 さん(No.4113)

 京とれいん2編成目についての情報提供、ありがとうございます。そろそろ詳細が発表される時期となりましたが、どのようなデザインおよび運行形態となるでしょうか。京都線系統以外との直通を意図しての7000系起用でしょうから、それがどのように生かされるのか関心あるところです。そして十三へのホームドア設置が進む中、現行の6300系の行く末も気がかりです。


▼ 龍士 さん(No.4114)

 宝塚線ダイヤ改正についての情報提供、ありがとうございます。リリースからは箕面線直通全廃とも読め、近年の利用状況と照らし合わせてそれもやむを得ないかと思いましたが、梅田ゆきの各停が平日朝に2本だけ残り、首の皮一枚つながったといったところでしょうか。

 夕ラッシュ時に箕面普通に代わって雲雀丘花屋敷ゆき急行が設定されたことで、混雑緩和には効果ありそうですが、一方で宝塚ゆき急行が軒並み3分程度遅くなっているのが気になるところです。


▼ 上新庄 さん(No.4116・4121・4122・4123・4124・4133・4139・4143・4148・4149)

 JR新大阪駅の改良工事についての情報提供、ありがとうございます。新横浜が現在でもそうであるように、新幹線開業時にその接続を目的として在来線にホームを新設した駅は、新幹線からホームの番号が振られており、まさに「新幹線のための駅」といった様相でした。駅前は新横浜のほうが発展著しく感じますが、駅そのものは新大阪の拡張が続き、1番線も在来線が名乗るようになるなど、その後が対照的です。半年後からしばらくは、ウグイス色の電車の発着に新鮮な違和感を持つことになりそうです。


 JR和歌山線への無線式ATC導入についての情報提供、ありがとうございます。新車への全面置き換えと同時に、車載式IC改札機だけでなく、色々と取り組むようで、ゆくゆく他線への拡大を図るための先行導入的な意味合いもありそうです。


 ICOCAエリア拡大についての情報提供、ありがとうございます。拡大されたはいいものの、200km制限のおかげでエリア内ならどこへでもICカードで乗車できるわけではない割に、どこまで利用できるかが明示されないのが困ったところです。各駅ごとにICカードで乗れる範囲およびPiTaPaカード使用時にポストペイで利用できる範囲の駅をすべて網羅した路線図が欲しいものです。


 しなの鉄道への新車投入の情報提供、ありがとうございます。現在は115系の3両編成が主力だったと記憶していますが、新車はすべて2両編成とのことですから、時間帯によっては減車となる可能性もあるでしょうか。


 JR西日本の一般列車への有料座席車導入検討の情報提供、ありがとうございます。そもそもJR西日本は着席サービス等を求める利用者を特急に誘導していたはずで、ライナーすら特急に改めていたものが、ずいぶん大きな方針転換です。関空特快ウィングでの座席指定車の大失敗という苦い過去からの教訓を生かしたサービスとなるのだろうと思います。


 おおさか東線北区間の新駅名称についての情報提供、ありがとうございます。区境にありながら一方の区名(しかも所在地ではないほう)を仮称としていた都島は、複合駅名に頼ることなくうまく収めた印象です。JR野江が京阪だけでなく谷町線との乗換駅としても位置付けられていることが意外でした。


 北急延伸区間の新駅の名称についての情報提供、ありがとうございます。複合駅名も単語3つの組み合わせとなるといささか長すぎる印象は否めません。欲張りすぎなのか、各方面に顔を立てすぎなのかわかりませんが、適切に引き算ができないと利用者無視・地域エゴ重視的な駅名となる具体例が、箕面船場阪大前であり学研奈良登美ヶ丘なのでしょう。


 養老鉄道の車両更新についての情報提供、ありがとうございます。導入される元東急車が、それに置き換えられる近鉄車より数年古いのには驚きましたが、さらに驚いたのはその元東急車を製造から80年に達するまで使おうとしていること。オールステンレス車は丈夫なんですね、と感心してばかりもいられません。足回りが更新されているとはいっても、約30年前の話。大手ではその世代の足回りを更新し始めていますから、あと30年の使用に耐え得るのか他人事ながら気がかりです。もっとも15両で約6億円だそうですから、そのほとんどが運搬費と改造費で、車両自体はタダみたいなものだと考えられ、それが導入理由なのだろうと思います。


 十三3号線のホームドア使用開始についての情報提供、ありがとうございます。今後宝塚線梅田方面ゆきの4号線に10両分設置されるのは間違いないとして、京都線河原町方面ゆきの5号線はどうなるでしょうか。8両分の設置にとどめて、10連は回送で戻すか、そもそも10連をなくすといったダイヤ改正が京都線で実施される可能性もありそうです。


 京急のホリデー・ウィング号についての情報提供、ありがとうございます。他社に触発された面はあるのでしょう。ラッシュ時のような混雑激しい時間帯の有料着席サービスはともかく、土休日にそのニーズがあるか見極めがつかなかったのだろうとも思います。料金が以前の200円だった時期にサービスを拡大するには採算的に厳しかったのかもしれません。


▼ 京急八王子 さん(No.4117・4128・4129・4131・4132・4137・4138・4153・4154)

 阪急・阪神・神鉄の決算関連の情報提供、ありがとうございます。総じて増加傾向のなか、阪神の定期外客の伸びが目立ちます。阪神なんば線開業から続く利用者増加が息切れしないまま10年を迎えようとしているのには驚かされます。

 神鉄鈴蘭台は立派な橋上駅舎と1Fにバス停を取り込んだ駅前ビルが無事開業したと同時に、路線バスの公道上の転回も解消されたとのことで、こちらの利便性・安全性も高まりそうです。


 大手私鉄16社の決算関連の情報提供、ありがとうございます。各社とも利用者は増加しているとのこと。長くこの傾向が持続してほしいものですが、いつかその反動が来るような気がします。


 阪急・阪神・北急・神鉄の事業計画についての情報提供、ありがとうございます。特に新味のあるものはないようですね。コンスタントな新車の投入で、阪急1000系の車両数が6000系に迫りつつあり、いつの間にやら大きな勢力となったものです。


 大阪モノレールの延伸についての情報提供、ありがとうございます。東大阪市役所と府立中央図書館がある荒本では中央環状線から大きく逸れてそれらに寄せるルートとなっているのが、この延伸の目的を物語っています。終点となる瓜生堂では、近鉄奈良線に新駅が予定されているだけでなく、中央環状線敷地上に細長いモノレールの車庫が計画されているようです。


 京都市営地下鉄の経営状況についての情報提供、ありがとうございます。利用者数は過去最高を更新したものの、伸びが鈍化していることから、期限までの目標達成が難しいというような報道がありました。目標値が適正か否かそもそも不明ですが、少なくとも黒字を連続して出せる状況になってきたことは好ましいことだと思います。


 大阪市営地下鉄・神戸市営地下鉄の決算関連の情報提供、ありがとうございます。相変わらず支える路線と支えられる路線がはっきり分かれてはいるものの、総じて利用者増加・黒字とのこと。今後も継続するでしょうか。


▼ WAY さん(No.4118)
> あと、通勤特急の川西能勢口駅ホームが2号線になるのは、混雑緩和もさることながら、
> 能勢電からの乗り換え需要にも見切りをつけてしまったのでしょうか。

 阪急バスとの連絡をより重視したようにも感じられます。先日の阪急バスのダイヤ改正で、朝ラッシュ時のJR川西池田ゆきが増える一方で、阪急連絡バス停の印象が薄い名称だった川西バスターミナル・パルティ川西前を、それぞれ「阪急川西能勢口」「阪急川西能勢口東口」へと改称しています。路線バスとしてはJR乗り換えのニーズに応えつつも、阪急グループとしては、始発の速達列車に乗って座って待てる状況を作ることで乗り換え客には阪急電車を選択してもらいたいというのが、通勤特急の2号線発化の意図とするところではないかと思います。


▼ 麻夫 さん(No.4120・4126・4141・4147・4151)

 南海の1051Fが高野線に転属ですか。たしかに意外な印象はありますね。

 長らくリニューアルのみで凌いでいた高野線にようやく新車が投入される予定とのこと。橋本までなら南海線と共通の車両でいいのでしょうが、高野山へ向かう外国人旅行者も増えているそうですから、難波直通充実のために山線も大型車化する計画はないのでしょうかね。阪神の近鉄車受け入れや日比谷線の20m車化など、かつてはできないものと思われていた大型車の運転が実はできた例が相次いでおり、南海が山線を17m車のままにしていることにどれだけ合理性があるのか、傍目にはよくわからないところです。


 大阪北部地震は、阪急では茨木市や南茨木が震源の最寄りだったようで、後者は駅ビルや構内エレベーターが今も閉鎖中であるなど、その影響は現在でも残っています。列車の運行がほどなく復旧したのは幸いでした。


 大阪地下鉄中央線向けの新車についての情報提供、ありがとうございます。30000系を大阪地下鉄第三軌条路線の新たな標準車両と位置付け、民営化後もさしあたりその増備となるのかと想像していましたが、民営化後設計の新車の投入が思いのほか早かった印象です。新たな標準車両でしょうか。それとも中央線向けの専用形式(4号線用だから40000系?)でしょうか。


 横須賀・総武快速線への新車導入についての情報提供、ありがとうございます。あまりの混雑から改札制限が実施されるに至り、改札口の増設から、ホームの増設までもを要する事態になった武蔵小杉の大発展もあって、横須賀線は現在首都圏でも有数の混雑路線となっているそうで、同線に導入されるE235系の普通車が全車オールロング車なのはその現状を反映したものなのでしょう。ほぼ同期の209系は新車として投入された京浜東北線や南武線を離れた後も、一定数が生き残りましたが、E217系はさてどうなるでしょうか。


▼ ちさと さん

 京阪には、片町線の電化費用を持ったうえで三線軌条化して乗り入れとか、なかなか理解しがたい計画が色々ありました。ご指摘のようなライバル潰しの意図を持ってとりあえず計画をぶち上げたものもあったようです。江若鉄道は、廃止時には(江若交通となった現在でも)京阪傘下ですから、いずれにせよ湖西線に転換されることになっただろうと思います。


▼ 堺筋準急 さん(No.4130)

 十三3号線へのホームドア設置の情報提供、ありがとうございます。ホームの縁を基礎から作り直すレベルの工事でしたから、計画されている4・5号線ホームへの設置完了まではまだ時間がかかりそうです。


▼ 通り さん(No.4140・4150・4152)

 JR桃山駅についての情報提供、ありがとうございます。桃山での折り返しは単線ゆえに必要な設備の範囲内でできていたものであって、複線化されると普段は無駄となる設備を抱える形になります。そもそも臨時列車が必要な区間は京都〜稲荷であって、全線単線時代の臨時列車はその折り返し運転だったようですから、本当に重要なら稲荷に折り返し設備を維持していたはずで、それらがなくても打つ手はあるのでしょう。桃山や六地蔵は複線化・バリアフリー化とともにホーム部分の曲線緩和も実施されるようですから、駅としてはより望ましい形になりそうです。


 227系1000番台や323系は京都府内でも試運転等でちょくちょく見かけますが、たしかに大阪環状線で201系にすれ違うことはあっても乗る機会がなくなりました。4ドア車の必要性が感じられない利用状況の大阪環状線というのも、寂しいものです。


▼ 通りすがり さん(No.4145)

 3330Fの現状についての情報提供、ありがとうございます。まだまだ走らせるのか、あるいは更新された機器は使い回しがきくのか、今後が興味深いところです。


● 今日も阪急人身事故

投稿者:ちさとさん  投稿日:2018/10/03(Wed) 22:08:44
No.4156

本日総持寺駅人身事故発生しました
ちなみに年間発生件数を調査された方がTwitterで発表されていましたので、参考に
2018年 9件、2017年 11件、2016年 15件、2015年 12件、2014年 14件、2013年 8件、2012年 5件
内駅で発生 47%、駅間 52%
曜日別 月 12%…9件、火 10%…8件、水 24%…18件、木 9%…7件、金 12%…9件、土 16%…12件、日 13%…10件
出典:https://twitter.com
 


● 大阪市営地下鉄御堂筋線車内に防犯カメラ試験導入

投稿者:通りさん  投稿日:2018/09/28(Fri) 22:03:18
No.4155


そんなの全然知りませんでした・・・

https://www.mbs.jp/news/kansainews/20180927/GE000000000000024576.shtml


● 神戸営地下鉄の平成29年度決算

投稿者:京急八王子さん  投稿日:2018/09/25(Tue) 13:54:35
No.4154

連投失礼します。

 No.4153にて予告していました神戸市営地下鉄の平成29年度決算の詳細が公表されましたので表示しておきます。
  営業収益 :210億4,706万円(28年度:210億5,171万円)
  営業支出 :202億6,887万円(28年度:203億5,746万円)
  営業損益 : 7億7,818万円(28年度: 6億9,424万円)
  営業外損益: 9億 358万円(28年度: 10億7,280万円)
  経常利益 : 16億8,176万円(28年度: 17億6,704万円)
  純利益  : 16億8,176万円(28年度: 17億6,391万円)

 28年度に続いて最終黒字となりました。

 路線別決算ですが、経常損益(営業損益)は以下の通り、28年度から続いて西神・山手線が黒字、海岸線は赤字でした。
  西神・山手線: 59億6,6623万円(28年度: 62億4,219万円)
  (うち営業損益: 54億3,793万円(28年度: 57億2,208万円))
  海岸線   :-42億8,446万円(28年度:-44億7,515万円)
  (うち営業損益:-46億5,974万円(28年度:-50億2,784万円))

 一日平均の利用客数の増減ですが、
 ┏━━━━━━┳━━━━━┯━━━━━┯━━━┯━━━┓
 ┃神戸市地下鉄┃平成29年度│平成28年度│増減数│増減率┃
 ┣━━━━━━╋━━━━━┿━━━━━┿━━━┿━━━┫
 ┃西神・山手線┃  263,275│  261,495│ 2,080│ 0.80%┃
 ┃海 岸 線 ┃  48,643│  45,450│ 3,193│ 7.03%┃
 ┃全    線┃  312,219│  306,945│ 5,274│ 1.72%┃
 ┗━━━━━━┻━━━━━┷━━━━━┷━━━┷━━━┛

 28年度は全線にて増加に転じました。

 海岸線の利用客数は年々増加をしているものの依然として需要予測の5割にすぎない状況であること変りません。
 その為、営業赤字額も開業から16年以上も経過しながら依然として減価償却費を上回っている状況であります。
 改善する必要はありますが、頭打ちであることから今後どうなるか気になるところです。

>>最後に
 京都・大阪・神戸の3市の公営地下鉄の決算を公表しましたが、札幌・仙台2市の公営地下鉄の決算も公表されたそうです。


● 大阪市営地下鉄の平成29年度決算

投稿者:京急八王子さん  投稿日:2018/09/25(Tue) 12:56:27
No.4153

 こんにちは。

 今年3月いっぱいで廃止(民営化)された、大阪市営地下鉄の平成29年度決算の詳細が公表されましたので表示しておきます。
  営業収益:1,603億2,333万6千円(28年度:1,584億7,677万1千円)
  営業支出:1,158億8,640万9千円(28年度:1,177億4,707万9千円)
  営業利益: 444億3,692万8千円(28年度: 407億2,969万3千円)
  経常利益: 433億2,257万6千円(28年度: 376億6,270万1千円)
   純利益:  29億4,313万8千円(28年度: -103億1,569万2千円)

 2年ぶりに、最終黒字となりました。
 前年度と同様に、自動車運送事業の終結に備えた出資金評価損や貸倒引当金を特別損失に計上したことなどによるものですが、赤字にはなりませんでした。

 路線別決算ですが、地下鉄全線の営業損益(千円単位)について表示しておきます。
 営業損益は以下の通り、28年度と同じく千日前線・長堀鶴見緑地線・今里筋線以外で黒字を計上しました。

  御堂筋線   :373億8,826万7千円(28年度:370億8,107万8千円)
  谷町線    : 80億1,136万7千円(28年度: 71億5,537万5千円)
  四つ橋線   : 10億5,699万2千円(28年度: 6億9,192万5千円)
  中央線    : 63億9,117万5千円(28年度: 56億  8万9千円)
  千日前線   :-19億8,073万9千円(28年度:-23億1,418万9千円)
  堺筋線    : 34億7,715万9千円(28年度: 28億5,565万2千円)
  長堀鶴見緑地線:-41億2,800万8千円(28年度:-45億3,867万7千円)
  今里筋線   :-43億6,330万8千円(28年度:-47億 986万3千円)
  地下鉄計   :458億5,290万6千円(28年度:418億2,138万9千円)

 全8線にて営業損益が好転しています。

 一日平均の利用客数は監査資料になりますが以下のとおりです。
┏━━━━━━━┳━━━━━┯━━━━━┯━━━━┯━━━┓
┃大阪市営地下鉄┃平成29年度│平成28年度│ 増減数 │増減率┃
┣━━━━━━━╋━━━━━┿━━━━━┿━━━━┿━━━┫
┃御 堂 筋 線┃ 1,029,372│ 1,009,762│ 19,610│ 1.94%┃
┃谷  町  線┃  428,824│  419,929│  8,895│ 2.12%┃
┃四 つ 橋 線┃  212,900│  206,076│  6,824│ 3.31%┃
┃中  央  線┃  215,042│  209,549│  5,493│ 2.61%┃
┃千 日 前 線┃  132,634│  128,519│  4,115│ 3.20%┃
┃堺  筋  線┃  262,531│  252,394│ 10,137│ 4.02%┃
┃長堀鶴見緑地線┃  119,506│  114,963│  4,543│ 3.95%┃
┃今 里 筋 線┃  38,251│  37,037│  1,214│ 3.28%┃
┗━━━━━━━┻━━━━━┷━━━━━┷━━━━┷━━━┛
 全8線にて増加となりました
 去年もそうですが、速報版に記載されなかったため監査資料の利用者数を記載しました。

 市交最後の29年度は最終黒字で締めくくりました。
 来年は業務移管先である大阪市高速軌道(大阪メトロ)の決算を載せようか検討していますが、
 路線別の損益・利用者数が公表されるか全く判りません。
 内容を見た上で判断しようと思います。
  
 また、これまで京都市営地下鉄と大阪市営地下鉄の決算について公表していきました。神戸市営地下鉄の決算についても詳細が発表されましたので後々。


● JR大阪環状線では

投稿者:通りさん  投稿日:2018/09/09(Sun) 22:01:11
No.4152


最近新たに323系の13の編成がもう運用に入ってます

201系見つけるのがもう大変・・・


● 横須賀線E235系詳細明らかに・・・

投稿者:麻夫さん  投稿日:2018/09/09(Sun) 16:03:07
No.4151  - E-mail -

 こんにちわ、つい先日、横須賀・総武快速線に、E235系が登場するというアナウンスがありましたが、それからほどなくして、完成予想図などの詳細が明らかになりました。
それによると、正面は横須賀線のイメージカラーである紺色となり、サイドビューは、山手線車両のように、ドアー部分のゼブラトーンとはならず、現在のE217系に準じた紺色とクリームのいわゆる“スカ色”の横帯となるようで、E233系のようなドアー部分までの連続型ではなく、E231系以前のドアー間のみの帯となるそうです。また、グリーン車は、予想図を見ると、E217系とほとんど同じに見えましたが、数年後登場する中央線快速用の、E233系グリーン車のような、両開きになる可能性もあります。
車内は、グリーン車ではWiFiや、パソコン用コンセントが設置される一方、普通車ではセミクロスシートなくなり、すべてがロングシートとなり、トイレに関してはすべてが車椅子対応の洋式となるそうです。
そして、照明はLEDを採用し、もっとも注目していたデジタルサイネージはやはり採用されるそうで、山手線と同じく、荷棚部分にもLCDが連続で配置されるとのことです。
 編成については逗子駅の配置上、113系以来の基本11両(グリーン2両)、増結4両は引き継ぐ模様で、E217系と同じ車両数(745両)が製造されるとのことで、E217系は、当然置き換えることになりますが、本系列も、登場時は斬新で、近未来感のあるスタイルも今となっては老朽化が出ているようで、数年後にはすべてE235系に置き換えられ、E217系のお別れ運転のマークを掲げて走るのでしょうか・・・


● 227系

投稿者:通りさん  投稿日:2018/09/09(Sun) 05:35:52
No.4150


JR西日本は万葉まほろば線・和歌山線用に今後投入されます227系編成の公開が行なわれたそうです


● なぜ今までやらなかったんだろう??

投稿者:上新庄さん  投稿日:2018/09/08(Sat) 13:23:11
No.4149

京浜急行電鉄は6日、休日の座席指定列車「ホリデー・ウィング号」を期間限定で運行すると発表しました。
「ホリデー・ウィング号」は平日とは目的が異なり三浦半島へ旅行する人に向けた特別列車であり、座席指定列車「ウィング号」としては初めての休日運行となります。

「ホリデー・ウィング号」は「ウィング号」と同様に2100形を使用し、品川駅・横浜駅から三浦海岸駅まで約1時間をなんとノンストップで運行します!

座席については、基本的には9月10日から「みさきまぐろきっぷ」とセットになった座席指定券(品川駅発・横浜駅発)が必要で事前申込みを同社ホームページ内特設ページにて発売しますが、運行当日も品川駅において着席整理券(座席指定なし)を発売します。

運行日は9月22〜24日・10月6〜8日の計6日間で、品川駅8時59分発・横浜駅9時18分発・三浦海岸駅10時7分着で運行されます。

さらに!
ホリデー・ウィング号が運行される9月22〜24日・10月6〜8日の期間中、朝の下り快特の三崎口行の一部車両を「ウィング・シート車」として運行することも発表しました。
ウィング・シート車では300円の座席指定券の購入により、途中駅の京急川崎駅・横浜駅からの着席を保証します。
京急川崎駅8時19分発・横浜駅8時26分発の快特、京急川崎駅8時39分発・横浜駅8時46分発の快特三崎口行が対象列車となります。

京急もS-TRAINや京王ライナーに触発されたのか、ついに行楽向けのウィング号が臨時ではありますがスタートします!

とりあえずは試験的ですがうまくいけば定期化もありえそうです。
ただ専用のチケットが基本的な条件ではありますが定期化すれば気軽に使えたらいいかなと思います。
とはいえ京急に期待しましょう!


● ついに!

投稿者:上新庄さん  投稿日:2018/09/08(Sat) 13:08:56
No.4148

阪急十三駅の3号線ホームのホームドアが9月8日稼働を開始しました。
十三駅は3・4・5号線にホームドアを設置する工事をしていますが先行して3号線ホームからスタートしました。
音色は大阪メトロと同じようでホームドアの幅もわりと余裕があります。
続けて4・5号線ホームにも設置する工事をしていますがホームドアは10両分設置されるのか、また6300系にも対応する構造になるのか注目です。


● 横須賀線・再来年にも新車か・・・

投稿者:麻夫さん  投稿日:2018/09/04(Tue) 15:11:38
No.4147  - E-mail -

 こんにちわ、現在山手線に積極的に導入が続いているE235系ですが、今後は近郊バージョンが加わり、再来年をめどに横須賀・総武快速線にも導入するとの事で、さらにそれ以降は東海道などにも導入が予定されてるそうです。
 横須賀線の現在の車両、E217系は、1994年に登場し、今年ですでに24年の歳月が経過し、新しいものでも来年には20年が経過しようとしています。その間機器更新工事などを行いましたが、車体そのものは更新されていないのが現状で、パンタグラフもシングルアーム化がすすむ中、未だに全車両が菱形であるなど、そろそろ新車が出てもおかしくないと思われていました。
 ちなみに横須賀・総武快速線は、地元を走る路線であり、ほかに東海道や、湘南新宿ライン、横浜市営ブルーラインなどもありますが、東海道は、かつて普通も通過しており、湘南新宿ラインやブルーラインは開業していなかったので、横須賀線との付き合いが最も長く、現在のE217系が登場したときも、生まれてはじめての新車であり、サイボーグ的なフェイスはとても斬新でした。
そんな中、今回のE235系の投入はどのような形になるのか楽しみで、永らく見送られてきたJR東の近郊電車へのLCD案内表示器も登場するのか、今から楽しみです・・・


● 阪大

投稿者:畝傍正(まる)さん  投稿日:2018/08/30(Thu) 16:28:55
No.4146

>刀根山からの移設か詳細不明ですがどこにそんな敷地があるのか疑問ですが?
豊中キャンパスではなく箕面市間谷住宅にある箕面キャンパスの外国語学部が新しい駅前に移転します


● 3330F

投稿者:通りすがりさん  投稿日:2018/08/26(Sun) 10:14:01
No.4145

先日から検査を終えて営業復帰した3330Fの7連ですが、
3300型の断流器一式、新品に交換されてますね?

同編成は二回目の更新を受けてないので、
遠からず廃車かと思っていたので驚きました。


● 近鉄

投稿者:通りさん  投稿日:2018/08/23(Thu) 07:57:54
No.4144


近鉄田原本線では復刻塗装車が2編成運用中です(他線での間合い運用もあります)


● 東京メトロ03系でも東武20000系でもなくまさかの古豪!!

投稿者:上新庄さん  投稿日:2018/08/23(Thu) 01:06:52
No.4143

養老鉄道養老線の車両更新が21日に発表されました。
養老線管理機構が事業主体となり、東急電鉄の中古車両7700系を東急テクノシステムから購入し、2018〜2019年度にかけて計15両(3両編成×3編成、2両編成×3編成)導入し、養老線の車両(全31両)の約半数を入れ換えます。

2018年度に導入される2編成のうち1編成は「緑歌舞伎」となります。
もう1編成は赤帯の外観に。2019年に導入される編成は緑帯が2編成、赤帯が1編成、「赤歌舞伎」が1編成となるようです。

まさかの東京メトロ03系でも東武20000系でもなくまさかの東急7700系でした。
正直使えそうっちゃ使えそうですが03系や東武20000系を改造すればこちらのほうがまだ比較的新しいので使いみちがありそうだったのですが改造費用などを考えたら東急7700系のほうがまだ安上がりといったところでしょうか。

まさかの第二の人生。
新天地でも活躍してほしいものです。


過去ログ| |管理者専用

- SunBoard -
(Redesigned by Fair_Fare@U.R.L.)