"新京阪" 掲示板

 阪急京都線を中心とした、主に鉄道関係の話題を扱う掲示板です。

 タイトル画像をクリックすると、大きなサイズの写真を表示させることができます。

  2019年1月19日(土)改正の阪急京都線のダイヤグラム(平日土休日)を公開中!

管理者:Fair_Fare@U.R.L.

 なお、当掲示板は、非公認の私設掲示板です。阪急電鉄(株)などの鉄道会社や自治体に対して、当掲示板上の内容に関連するお問い合わせ等をなさないようお願いいたします。当掲示板の管理・運営に関するご意見とともに、管理担当Fair_Fareがメールにてお伺いします。また、掲示板にそれらに類する投稿があった場合は、予告や理由の説明なく管理担当者の判断で削除することがありますので、あらかじめご了承ください。



おなまえ 
Eメール 
タイトル 
コメント(タグ使用不可


※ 投稿できない場合は、ご一報ください。


1ページあたりの表示件数:最大20件


● 5000系・ついに編成単位の廃車が・・・

投稿者:麻夫さん  投稿日:2020/03/31(Tue) 16:03:34
No.4312  - E-mail -

 こんにちわ、久しぶりに投稿させていただきます。
コロナウィルス騒動で、世の中は重苦しい雰囲気の中、阪急レールファンにとってさらに残念なニュースが入ってきました。
それは神戸本線で最後まで活躍していた5000系の5000Fが、2月下旬に正雀に回送されたとのこと、その後の動向が危ぶまれていましたが、廃車のためにクーラーなどの機器を外した上で陸送されたとのことで、ついにと感じました。
 この編成は、リニューアル前には4+4で、中間の先頭車にも方向幕が取り付けられ、特に5040号は神戸寄りの先頭車としては唯一パンタ付き表示幕車両となっていました。更にリニューアル後に2071系の代替えとして組み込まれたもと5100系のひとつに5130号があり、こちら5100系時代には先頭に立つことも多く、昭和50年代に山と渓谷社から発売された“ヤマケイ私鉄ハンドブックVoL4”の1ページに先頭車時代の写真がバッチリ掲載されていました。
そんな思いの強い編成の廃車は、大変ショックで、大幅リニューアルされた5000系の初めての廃車とあって、正直現実のことなのかと疑うこの頃です…
 ちなみに昨年秋に関西に訪れたときはまだ元気に活躍していて、これが最後に見た姿でした。また先日、BSプレミアムでは、阪急神戸線で旅をする番組があり、淀川を渡る同編成の現役最後の姿が一瞬映し出されていました…


● 生存確認・新線大阪

投稿者:Fair_Fare@U.R.L.  投稿日:2020/03/26(Thu) 23:58:02
No.4311  - 管理者宛メール -  > 未確認"鉄道"研究室 <

 ずいぶん長らくご無沙汰しておりました。返信を含む投稿ができず、申し訳ありません。また、返信するにはあまりにタイミングを逸してしまったことを、お詫び申し上げます。掲示板の管理は途切れることなく継続しておりますが、返信や投稿については今後も極めて限られた関わりとなる可能性があることをご容赦ください。


 さて、JR西日本公式サイトによると、東海道線支線(梅田貨物線)地下化に伴ってグランフロント地下に建設されている新駅の駅名が「大阪駅」に決定したとのこと。

https://www.westjr.co.jp/press/article/2020/03/page_15901.html

 昨年の大阪駅新改札口整備のリリースから、現大阪駅と新駅を改札内で結ぶ可能性が読み取れましたし、営業面では「はるか」が駅名そのもの大阪駅に直通することをアピールしたいでしょうから、JR西日本内部では早い時期から事実上決定していたのではないかとも推察します。位置付けとしては東京駅における総武線・横須賀線や京葉線のようなものになるでしょうか。ここでは、現大阪駅と区別するために、JRについては地下新駅を「新線大阪」と呼ぶこととします。

 そうなると、その新駅に乗り入れる方向で検討が進められているなにわ筋連絡線を通じて阪急にも「大阪駅」が誕生することになります。また、その阪急大阪駅はJR大阪駅と改札内部で通じる構造にもなります。軌間の違いからなにわ筋連絡線は既存の阪急線と直通しないであろうことから、十三に中間改札が設置されると予想しますが、ともあれ阪急とJRが改札内でつながることが現実味を帯びようとは、この掲示板を始めたころには想像もつきませんでした。

 JR西日本が新線大阪を大阪駅そのものと位置付け、改札内で通じた構造とするということは、たとえば高槻〜新線大阪は、高槻〜大阪と同一区間となり、運賃面でも普通券はもちろん回数券・定期券・ICOCAポイント・PiTaPa割引などを含め区別はされないと考えられます。そうした場合、阪急がなにわ筋連絡線で新線加算運賃を設定することは、はたして現実的でしょうか。また、高槻市〜大阪梅田と高槻市〜大阪を同一区間扱いせずして、並行路線として競争力を維持できるでしょうか。神戸線・宝塚線方面でも、JR東西線開業時に北新地が大阪駅と同一区間扱いされるケースが現れたことに対して、部分的にでもシェアを取り戻すいい機会になるかもしれません。まだ先の話ですが、阪急側でも色々な影響と可能性が考えられそうです。


● Re:(タイトル欄未記入)

投稿者: さん  投稿日:2020/01/20(Mon) 00:53:44
No.4310

↓基本御多忙なんでしょう…
お気持ちお察してあげて下さい↓


● (タイトル欄未記入)

投稿者:Z特急さん  投稿日:2020/01/19(Sun) 14:58:25
No.4309

このところ管理人さんの書き込みがありませんが大丈夫かな。
年末年始の挨拶くらいあるかなと思いましたが。
ご病気とか?


● 阪神・能勢電・阪神・神鉄の大晦日終夜運転

投稿者:京急八王子さん  投稿日:2019/12/28(Sat) 13:46:35
No.4308

連投失礼します。

大晦日の終夜運転については以下のとおりです。
@神戸線:
 ・運行間隔:約30分間隔
 ・種  別:普通のみ
 ・運行本数:98列車(三宮・新開地間で運転する2列車も含む)

A宝塚線:
 ・運行間隔:約30分間隔
 ・種  別:普通のみ
 ・運行本数:45列車

B京都線:
 ・運行間隔:約30分間隔
 ・種  別:快速急行・快速・準急・普通
 ・運行本数:85列車(うち快速は18列車、準急は2列車、快速急行は1列車)

C能勢電:
 ・運行間隔:約30分間隔
 ・種  別:普通のみ
 ・運行本数:50列車
 ケーブルカーとリフトも終夜運転します。

D阪神本線/なんば線/山陽電気鉄道本線
 ・運行間隔:約15〜30分間隔
 ・種  別:普通のみ
 ・運行区間:梅田・高速神戸間、高速神戸・須磨浦公園間、尼崎・近鉄奈良間

E神鉄有馬/三田/粟生線
 ・大晦日の深夜:有馬・三田線:新開地・鈴蘭台間の2列車(上り下りの各1列車。新開地発:0時53分 鈴蘭台発:0時16分)
 ・元旦の早朝:粟生線:鈴蘭台・志染間の2列車(上り下りの各1列車。鈴蘭台発:4時12分 志染発:4時43分(新開地まで直通))
        有馬・三田線:新開地・鈴蘭台間の2列車(上り2列車。鈴蘭台発:3時35分 4時29分)
               新開地・三田間の2列車(下り2列車。新開地発:3時57分(岡場止り) 4時49分)
 新開地発3時57分の臨時電車は鈴蘭台にて鈴蘭台始発志染行き臨時電車に接続します。

阪急・能勢電・神鉄:去年と同じ運行本数です。
阪神:本数記載ありません

阪急電鉄・能勢電鉄についての詳細はこちらです。
https://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/7315_030c07dde322f5488193f8a0a51284246d6ddc70.pdf

また、神宝京3線の終夜運行ダイヤのPDFはこちらです。
https://www.hankyu.co.jp/topics/details/1068.html

また、阪神電気鉄道についての詳細はこちらです。
https://rail.hanshin.co.jp/uploads/info/3aa7c2ea98f212d0e4503534f38e52f12c6811c6.pdf

また、神戸電鉄についての詳細はこちらです。
https://www.shintetsu.co.jp/release/2019/191204.pdf

>> 阪急育ちの京急ファンさん(No.4306)
私も芦屋対応について気になっていますが、現状では通過になるでしょうね。
実際どうなるか公表をまちたいところです。

>> 最後に
 今年の私の投稿はこれが最後になります。
 みなさん良いお年をお迎えください。


● 公営地下鉄の平成30年度決算

投稿者:京急八王子さん  投稿日:2019/12/28(Sat) 12:11:02
No.4307

こんにちわ

8都市の公営地下鉄の平成30年度決算も載せておきます。
@、純損益
 仙台市を除く7都市で黒字となりました
 ○札幌市営地下鉄 : 94億9,704万円(29年度: 88億1,356万円)
 ○仙台市地下鉄  : -18億9,667万円(29年度: -23億4,091万円)
 ○都営地下鉄   : 366億4,961万円(29年度: 341億8,428万円)
 ○横浜市営地下鉄 : 89億4,257万円(29年度: 96億3,295万円)
 ○名古屋市営地下鉄: 168億7,179万円(29年度: 172億5,744万円)
 ○京都市営地下鉄 : 23億3,269万円(29年度:  2億1,217万円)
 ○神戸市営地下鉄 : 22億5,725万円(29年度: 16億8,176万円)
 ○福岡市地下鉄  : 76億5,636万円(29年度: 72億6,078万円)

A、1日平均の利用客数(トータルのみ)
  全8都市で増加となりました。
 ┏━━━━━━━━┳━━━━━┯━━━━━┯━━━━┯━━━┓
 ┃        ┃平成30年度│平成29年度│ 増減数 │増減率┃
 ┣━━━━━━━━╋━━━━━┿━━━━━┿━━━━┿━━━┫
 ┃札幌市営地下鉄 ┃  631,179│  627,831│  3,348│ 0.53%┃
 ┃仙台市地下鉄  ┃  249,021│  242,077│  6,944│ 2.87%┃
 ┃都営地下鉄   ┃ 2,821,450│ 2,752,148│ 69,302│ 2.52%┃
 ┃横浜市営地下鉄 ┃  669,970│  655,131│ 14,839│ 2.26%┃
 ┃名古屋市営地下鉄┃ 1,335,922│ 1,313,334│ 22,588│ 1.72%┃
 ┃京都市営地下鉄 ┃  396,564│  387,365│  9,199│ 2.37%┃
 ┃神戸市営地下鉄 ┃  313,617│  312,219│  1,398│ 0.45%┃
 ┃福岡市地下鉄  ┃  470,002│  454,207│ 15,795│ 3.48%┃
 ┗━━━━━━━━┻━━━━━┷━━━━━┷━━━━┷━━━┛

利用客数は全8都市で増加となりました。
5都市では全線にて利用客数がトータルにて増加となりました。
(神戸市は海岸線のみ増加、京都市と名古屋市は非公表)
純損益は仙台市を除く7都市で黒字となりました
仙台市は東西線開業の利用客数の伸び悩みと減価償却費(137億394万円)等が影響し赤字となりました。
仙台市の路線別決算と利用客数は以下の通り。東西線の1日平均の利用客数は77,258人(予測の9割6分)となっています
●路線別決算
  南北線: 34億9,458万円(うち営業損益: 21億3,649万円)
  東西線:-51億3,248万円(うち営業損益:-76億8,924万円)
●一日平均の利用客数(路線別)
 ┏━━━━━━┳━━━━━┯━━━━━┯━━━┯━━━┓
 ┃仙台市地下鉄┃平成30年度│平成29年度│増減数│増減率┃
 ┣━━━━━━╋━━━━━┿━━━━━┿━━━┿━━━┫
 ┃南北線   ┃  195,386│  193,199│ 2,187│ 1.13%┃
 ┃東西線   ┃  77,258│  71,030│ 6,228│ 8.77%┃
 ┗━━━━━━┻━━━━━┷━━━━━┷━━━┷━━━┛
東西線の利用者数は増加しており、需要予測に近づいている状況であるものの、莫大な減価償却費の影響により赤字計上に変わりなさそうですね。

最後に
阪神HDと神鉄の年末年始のダイヤと大晦日終夜運転については後ほど掲載します。


● 阪神快速急行の停車駅は?

投稿者:阪急育ちの京急ファンさん  投稿日:2019/12/26(Thu) 02:52:23
No.4306  - E-mail -

京急八王子さんの記事を読ませていただきました。
そこで疑問なんですが、芦屋駅は両側に踏切があり現状維持、つまり6連が精一杯だと思うんです。神戸三宮、西宮、今津、甲子園は小改良ですみますし、魚崎、武庫川は延伸工事中、尼崎、西九条は現状でOK。
また、元町と神戸高速線内西元町も延伸工事していないようです。
つまり、土日休日はの快速急行の停車駅は新開地、高速神戸、神戸三宮、魚崎、西宮、今津、甲子園、武庫川、尼崎、西九条となるのでしょうか?


● 阪神のダイヤ改正の話題

投稿者:京急八王子さん  投稿日:2019/12/23(Mon) 12:09:35
No.4305

間接ながら連投失礼します

2020(令和2)年3月14日に阪神電気鉄道(以下阪神)ではダイヤ改正を行います。

詳細内容はでていませんが、主な内容といて以下の2点です
※土休日のほぼ全時間帯で阪神本線6両編成の快速急行を8両編成で運行
※平日・土休日の朝・夕時間帯に快速急行の増発、運行区間延長等を実施

阪神なんば線の利便性向上に向けて実施されるそうです。
その他詳細については決まり次第、1月下旬頃に公表予定とのことです。


● 京王の大晦日終夜運転

投稿者:京急八王子さん  投稿日:2019/12/18(Wed) 12:55:24
No.4304

京王にて大晦日終夜運転について公開されました。

@京王線(京王・高尾):
・各駅停車:約40分間隔
・急行/区間急行(高尾山口行):各1本ずつ(急行は都営新宿線からの直通)
・その他:京王ライナー迎春号4本(C参照)

A井の頭線:
・各駅停車:30分〜30分間隔

Bその他:
・京王グループの京王バス東(深大寺)にて初詣臨時バスが運行されます。

C京王ライナー迎春号
今回の大晦日終夜運転では京王ライナーを4本臨時に増便し、高尾山口行き〔京王ライナー迎春号〕として運行します。
・発車時刻:
 ・新宿発:1号が0時50分発(1時36分着)、3号が1時30分発(2時17分着)、5号が2時30分発(3時17分着)、7号が3時30分発(4時17分着) 
 ・高尾山口発:2号が7時40分発(8時27分着)
・途中停車駅:府中・分倍河原・聖蹟桜ヶ丘・高幡不動・北野・めじろ台・高尾
・座席指定料金:400円(下り:府中以西からの乗車の場合、座席指定料金は不要。上り:新宿以外は乗車専用)
・座席指定券購入:京王ライナーと同様に新宿駅の専用券売機または京王チケットレスサービスにて購入可能

去年は京王ライナー迎光号だったのになぜ今年は、京王ライナー迎春号なのでしょうね?
元号が平成から令和に変わったからですかね?
また、京王相模原線での終夜運転は実施しないそうです。

詳細はココをどうぞ
https://www.keio.co.jp/news/update/news_release/news_release2019/nr191128_geisyungo.pdf

最後に
阪神・能勢電・阪神・神鉄の大晦日終夜運転については公表あり次第、載せようと思います。


● バス路線の廃止、都市部でも深刻

投稿者:麻夫さん  投稿日:2019/12/13(Fri) 14:30:42
No.4303  - E-mail -

 こんにちわ、つい先日、横浜の前里町というバス停から帰りのバスに乗ろうとした時のこと、ここを走る路線の一部の廃止の告知がされていました。
今回廃止されるのは、江ノ電バスの横浜発着便で、同社の横浜乗り入れ路線は、“横浜駅東口〜栗木”と、“横浜駅東口〜大船駅”で、いずれも全線廃止ではなく、上大岡折り返しとなるそうですが、これらが短縮されると横浜駅及び、市内中心部から江ノ電バスの姿が見られなくなります。
もともと江ノ電バスは、その名の通り江ノ島電鉄のバス部門の子会社で、江ノ電といえば鎌倉〜藤沢なので、横浜は完全にエリア外となりますが、バス部門はエリア外にも積極的に路線を展開していて、鎌倉、藤沢のほかに横浜市内南部や、かつては茅ケ崎にも乗り入れていたそうです。
この路線の廃止で、横浜駅乗り入れが撤退したのは2007年頃の東急バス以来で、廃止理由は現在深刻になっている乗務員の不足だそうです。
 これで思い出されるのが、2017年頃、近鉄バスの一般路線の梅田乗り入れがありましたが、こちらも乗務員不足だったとか…
ちなみにこの路線は、かつてテレビ東京/テレビ大阪で、放映された“ローカル路線バス乗り継ぎの旅”でもそのルートとなりましたので、この回の再放送が流れるたびに切なくなります…


● 阪急6003F正雀入場

投稿者:2699さん  投稿日:2019/12/02(Mon) 20:24:24
No.4302

はじめまして、2699です。

本日、阪急宝塚線の6003Fが正雀に入場しました。
今回の入場で4連化して3054Fの取替用として伊丹線に転用するとの事で余剰中間車は廃車になります。
阪急6000系8連での定期検査は2019年6月に出場した6011Fをもって既に終了しています。
宝塚線の6000系は5100系よりも先に宝塚線からは離脱する事が既に決定しています。


● おおさか東線・今里ライナー

投稿者:麻夫さん  投稿日:2019/11/25(Mon) 14:55:54
No.4301  - E-mail -

 こんにちわ、今月18日〜22まで、毎年恒例の関西遠征をしてまいりました。
 今年はおおさか東線や、BRT今里ライナーなど、新規開業が相次いだため、さっそくこの2路線に試乗してきました。
 まず、おおさか東線ですが、新線でありながらも車両は国鉄時代の201系で、本系列は電機子チョッパーであるものの、発車するときにノッキングが起こるところはどこか昭和の国鉄車両の面影がある、新しさと懐かしさが入り混じる路線でした。
速度はゆっくりしていましたが、前から阪急京都線の車窓から開業前の同線を見上げていたので、その逆を見るのも不思議でした。
また、数年後には建設中のうめきたまで乗り入れるよていで、同駅では最新型のホームドアーも設置の事で、この時には新車が出るかもしれないので、楽しみな路線でもあります。
 いっぽう今里ライナーは、大阪シティバス(旧大阪市バス)としては久しぶりの最新型で、ハイブリッドバスですが、中にはお菓子の家のようなファンシーな車内もあるとのことですが、実際に乗り合わせた車両は比較的オーソドックスな内装で、車窓からの風景も、近未来都市を思わせる最近の大阪の街とは違い、どこかのんびりとしたムードの場所で、東京の千住大橋付近にいるような錯覚でした。
また、帰りにあべのハルカスにも上りましたが、今里ライナーが頻繁に走っている姿を見ると、運転頻度は高いのだと思いました…


● 阪急阪神HD・神鉄の平成31年度第二四半期決算について

投稿者:京急八王子さん  投稿日:2019/11/04(Mon) 10:18:10
No.4300

こんにちわ。
 
 阪急阪神HDおよび同グループである神戸電鉄(以下神鉄)の平成31年度第二四半期決算が公表されましたので表示しておきます。

@、阪急阪神HDの都市交通事業
 営業収益/損益ですが、営業収益は1188億1800万円(0.4%増)、営業利益は249億6100万円(5.2%増)となりました。

 これは前年同期の自然災害の影響から回復したこと、鉄道事業において消費税率の引上げに伴う駆込み需要が発生したことが影響しているそうです。

 利用客の増減ですが、阪急電鉄(以下阪急)は「定期外 2.4%増、定期 3.6%増(通勤3.4%増、通学 4.0%増)、トータル 3.0%増」、阪神電気鉄道(以下阪神)は「定期外 3.2%増、定期 3.6%増(通勤 3.7%増、通学 3.5%増)、トータル 3.4%増」となりました。

A、神鉄の運輸業
 営業収益/損益ですが、営業収益は67億2900万円(2.5%増)、営業利益は9億6400万円(12.4%増)となりました。
 利用客の増減ですが、「定期外 3.8%増、定期 1.2%増、トータル 2.1%増」となりました。

 阪神は前年度に続いてトータルで増加。前年度は減少だった阪急と神鉄はトータルで増加に転じました。
 阪急・阪神・神鉄3社ともに定期外・定期・トータルにて増加となりました。
 前年同期の自然災害からの回復が大きく影響した感じですね。

>>最後に
 阪急・阪神・神鉄の利用客数は平成22年10月以降の計上方法で算出されています。


● 阪急の「大阪梅田」ほか駅名改称

投稿者:一鉄道ファンさん  投稿日:2019/10/30(Wed) 14:22:30
No.4299

阪急は、以前「三宮」駅を「神戸三宮」駅に、最近「梅田」駅と「河原町」駅を「大阪梅田」駅と「京都河原町」駅に改称した。
しかし、「三宮」駅を「神戸三宮」駅に改称しても、大半の特急が「新開地」という、固有名詞とも言えないような名前の駅が行先なのだから意味はない。
また、「大阪梅田」駅はJR「大阪」駅の徒歩乗換圏内だからまだいいが、「京都河原町」駅と「神戸三宮」駅はJR「京都」駅とJR「神戸」駅の徒歩乗換圏内ではないので、新たな誤解を生じさせるのではないか。
駅名の改称は外国人観光客のためらしいが、ニューヨークに「ニューヨーク」駅はないし、ロンドンに「ロンドン」駅はなく、外国では大都市に複数のターミナル駅があるのは普通のことだ。
従って、京阪のように、案内の際に「大阪」や「京都」と冠すればいいだけではないのか。
そもそも、阪急は車両が全て同じ色だからわかりにくいのであって、路線ごとに車両にラインカラーの帯を入れるなどするほうが先ではないのか。


● 水没新幹線

投稿者:堺筋準急さん  投稿日:2019/10/14(Mon) 23:53:18
No.4298

 週末の豪雨の爪痕は甚大なものでした。その中でも留置中の北陸新幹線が水没したのは衝撃的でした。自分の記憶では、かつて大和川水系の川が溢れ、王寺駅構内で水没した101系と113系が思い出されます。
この時、101系60両は廃車、113系40両は修繕後復帰しました。廃車車両の代替に首都圏で廃車準備中だった車両が動員され、黄色、オレンジ色、ウグイス色などユニット毎に色の異なる編成も走りました。また、誤乗防止に「関西線」と書かれたステッカーが先頭車両や乗車扉上部に貼られていました。
因みに今回の場合、水没車両全車が廃車となれば320億円の損失と試算されています。


● 神戸営地下鉄の平成30年度決算

投稿者:京急八王子さん  投稿日:2019/09/19(Thu) 10:46:22
No.4297

こんにちわ。

 神戸市営地下鉄の平成30年度決算の詳細が公表されましたので表示しておきます。
  営業収益 :210億1,043万円(29年度:210億4,706万円)
  営業支出 :195億2,221万円(29年度:202億6,887万円)
  営業損益 : 14億8,822万円(29年度: 7億7,818万円)
  営業外損益: 7億6,902万円(29年度: 9億 358万円)
  経常利益 : 22億5,725万円(29年度: 16億8,176万円)
  純利益  : 22億5,725万円(29年度: 16億8,176万円)

 29年度に続いて最終黒字となりました。

 路線別決算ですが、経常損益(営業損益)は以下の通り、29年度から続いて西神・山手線が黒字、海岸線は赤字でした。
  西神・山手線: 60億2,919万円(29年度: 59億6,6623万円)
  (うち営業損益: 58億1,650万円(29年度: 54億3,793万円))
  海岸線   :-37億7,193万円(29年度:-42億8,446万円)
  (うち営業損益:-43億2,827万円(29年度:-46億5,974万円))

 一日平均の利用客数(トータルのみ)の増減ですが、
 ┏━━━━━━┳━━━━━┯━━━━━┯━━━┯━━━┓
 ┃神戸市地下鉄┃平成30年度│平成29年度│増減数│増減率┃
 ┣━━━━━━╋━━━━━┿━━━━━┿━━━┿━━━┫
 ┃西神・山手線┃  263,381│  263,576│ -195│-0.07%┃
 ┃海 岸 線 ┃  50,236│  48,643│ 1,593│ 3.27%┃
 ┃全    線┃  313,617│  312,219│ 1,398│ 0.44%┃
 ┗━━━━━━┻━━━━━┷━━━━━┷━━━┷━━━┛

 29年度は増加に転じた西神・山手線ですが、30年度は再び減少に転じました。

 海岸線の利用客数は30年度にてに5万人を超えたものの、開業当初の需要予測の6割をようやく上回った状況にすぎません。
 その為、営業赤字額も開業から17年以上も経過しながら依然として減価償却費を上回っている状況であります。
 改善するも頭打ちであり、外国人観光客に多く利用してもらうしかないようですね。

>>最後に
 京都・神戸2市の公営地下鉄の決算を公表しましたが、札幌市の公営地下鉄の決算も公表されたそうです。


● 淡路駅の交通広場整備はいつ?

投稿者:SR快速さん  投稿日:2019/09/16(Mon) 16:01:09
No.4296

ご無沙汰しております。
圏外の話題ですが、堺市西区の中核となるJR阪和線鳳駅前の交通広場がこのほど竣工し、来週23日(月)から南海バスが乗り入れを開始します。阪和線でも三国ヶ丘駅に次ぎ、和泉府中駅(和泉市)と利用者数で拮抗している同駅は長らく駅前の整備が進まず時代から取り残されてきましたが、いよいよそれも過去の話となります。

本題に戻り、これで(特別料金が必要な種別を除く)優等列車が停車する駅でバスターミナルがないのは淡路駅(他若干あり)位となり、中でも淡路駅は京都線・千里線に加え、今年開業したおおさか東線が集まる一大ジャンクションでもあります。
他サイトでは高架化完了が2020年代後半となるそうで、併せて駅前広場の整備も検討されているそうですが、いつ頃の話なのでしょうか。
淡路駅前に交通広場が整備され、バス(大阪シティバス)が乗り入れることで阪急駅・JR駅とのアクセスが便利になることを願ってやみません。


● 京都市営地下鉄の平成30年度経営状況

投稿者:京急八王子さん  投稿日:2019/09/15(Sun) 12:25:10
No.4295

遅くなりましたが
京都市営地下鉄の平成30年度経営状況がでたようですので表示しておきます。

 営業収益: 282億5627万円(29年度: 278億6715万円)
 営業支出: 254億4585万円(29年度: 255億4106万円)
 営業損益: 28億1042万円(29年度: 23億2608万円)
 経常損益: 23億3269万円(29年度:  2億1217万円)
  純損益: 23億3269万円(29年度:  2億1217万円)
 
 利用客(一日平均)の増減ですが「定期外 1.3%増、定期 4.3%増、トータル 2.4%増」となっています。
 利用客数(一日平均)もトータルにて確認したところ、39万6564人と40万人近くまで伸びました。
 継続している駅ナカビジネス以外にJR西日本や阪急との連絡定期券販売や海外からの旅行客も影響している感じですね。
 営業黒字は7年連続、最終黒字も4年連続となりました。

 今までは交通局HPの決算公表を見て表示していましたが、今後は高速鉄道事業の決算審査の公表を見て表示していきます。


● 11/30からの相鉄

投稿者:麻夫さん  投稿日:2019/09/09(Mon) 17:36:04
No.4294  - E-mail -

 こんにちわ、JR東と相鉄の相互乗り入れが、いよいよ11/30から開始されますが、これに合わせて両社ともダイヤ改正が行われることになり、まず、相鉄のダイヤがこのほど発表されました。
 それによると、JRへ直通するのは特急と各停の一部(乗り入れ先で種別変更もあり)で、それ以外に通勤特急と通勤急行が新設されるそうです。
相鉄本線とJR連絡線の分岐となる西谷は予想通り各停のみの停車から特急などの優等列車が停車(ただし急行はこれまで通り通過)するようになり、特急はすべてがJR直通列車となるそうです。
また、特急はそれまでの停車駅(横浜・二俣川・大和・海老名)に加えて西谷にも停車し、横浜には寄らなくなるため、同駅は停車駅から外され、西谷からJR線方面では新宿までは羽沢横浜国大と武蔵小杉、西大井、大崎、恵比寿、渋谷と停車するものの、ここを通る横須賀線の新川崎はホームの関係でつうかするそうです。
通勤特急は横浜発着で、現在の特急の停車駅に西谷と鶴ヶ峰を加えたもので、いずみ野線直通となり、同線ではいずみ野と湘南台に停車。通勤急行は急行の停車駅(横浜〜二俣川ノンストップ・以遠各駅)に、西谷と鶴ヶ峰を加えたもので、本線海老名方面のほかにいずみ野線湘南台方面も加わる模様です。
快速はそれまで通り横浜発着ですが、停車駅としてそれまでの横浜、星川、鶴ヶ峰以遠各駅に加えて西谷にも停車するので、通勤急行とは一駅違いの停車となります。
 また、このダイヤ改正で新設されるJR埼京線直通列車は、すべて本線からの列車で、いずみ野線からの列車はないようで、さらに同線への特急はこれで廃止になり、かわりに通勤特急と通勤急行が新設されるものの、同線内でも急行運転を行うのは通勤特急のみで、データイムは線内各駅の快速だけとなるようで、同線内の速達列車は2014年の特急新設以前のレベルに戻ってしまうのは残念です…


● 名阪新特急は"ひのとり"

投稿者:麻夫さん  投稿日:2019/09/02(Mon) 19:44:22
No.4293  - E-mail -

こんばんわ、来年登場予定の近鉄名阪新特急の詳細が発表されました。
それによると、愛称は"ひのとり"となるそうで、系列は80000系となるそうです。
50000系"しまかぜ"に続く近鉄のフラッグシップとなりそうですが、50000系の追い番の60000系になると思っていたのですが、6〜70000番台を飛ばして80000系となったのは、60000は、南大阪線、70000は、将来予想されるけいはんな線直通系統を意識したのでしょうか、また、この車両の登場で、既存の近鉄特急車両に動きが出ると思われますが、特に12200系あたりを中心に、30000系ビスタカーも、40年以上活躍しているので、こちらの動向も、気になります、ちなみに12200系は、かつて近鉄全体でも最多数の時期があり、実際乗ったこともありますが、1977年に初めて近鉄に乗った時は、スナックコーナーまも営業していた記憶があります…


過去ログ| |管理者専用

- SunBoard -
(Redesigned by Fair_Fare@U.R.L.)