"新京阪" 掲示板

 阪急京都線を中心とした、主に鉄道関係の話題を扱う掲示板です。

 タイトル画像をクリックすると、大きなサイズの写真を表示させることができます。

  2013年12月21日(土)改正の阪急京都線のダイヤグラム(平日土休日)を公開中!

管理者:Fair_Fare@U.R.L.

 なお、当掲示板は、非公認の私設掲示板です。阪急電鉄(株)などの鉄道会社や自治体に対して、当掲示板上の内容に関連するお問い合わせ等をなさないようお願いいたします。当掲示板の管理・運営に関するご意見とともに、管理担当Fair_Fareがメールにてお伺いします。また、掲示板にそれらに類する投稿があった場合は、予告や理由の説明なく管理担当者の判断で削除することがありますので、あらかじめご了承ください。



おなまえ 
Eメール 
URL  
タイトル 
コメント(タグ使用不可



1ページあたりの表示件数:最大20件


● 平成29年度の事業計画について

投稿者:京急八王子さん  投稿日:2017/06/21(Wed) 19:44:52
No.3959

阪急阪神HDおよび同グループである神戸電鉄の平成29年度の事業計画がEDINETに公表されましたので報告します。

1、阪急電鉄(以下阪急)
 ・京都本線・千里線(淡路駅付近)高架化
 ・京都本線(洛西口駅付近)連続立体交差化
 ・TTCシステム更新
 ・鉄道車両32両新造

2、阪神電気鉄道(以下阪神)
 ・阪神本線(住吉・芦屋間)高架化
 ・阪神本線(鳴尾駅付近)高架化
 ・梅田駅改良

3、北大阪急行電鉄(以下北急)
 ・北大阪急行線延伸

4、神戸電鉄(以下神鉄)
 ・三田線複線化工事
 ・粟生線複線化工事
 ・第二車庫新設工事

鉄道車両について
 阪急の新造車ですが前年度同様1000系シリーズ(1000/1300)の新造になりますがどの編成を指しているのか不明です。

その他
 前年度とまったく変わらない感じですね。


● 宅地化

投稿者:Fair_Fare  投稿日:2017/06/13(Tue) 00:25:13
No.3958  - 管理者宛メール -  > 未確認"鉄道"研究室 <

 2013年12月21日に西山天王山駅が開業してから約3年半。再開発が行われ高層マンションが何棟も建つ洛西口や摂津市の駅前ほどではありませんが、西山天王山周辺も住宅が増えてきました。マンション等が建った駅近辺だけでなく、歩ける範囲で一戸建てが増えつつあります。わかりやすいところでは、鉄道写真の有名撮影地である阪急の円明寺上一番踏切付近やJRのいわゆる名神クロス付近では、車内から造成の様子が見られます。付近の宅地化は今に始まったことではないものの、西山天王山開業後さらに加速したように感じます。

 この傾向がいつまで継続するか、このエリアの風景をどのように変えていくのか、そしてどの程度鉄道利用者増加に寄与しているのか、関心は尽きません。


▼ ちさと さん(No.3933)

 TOKKスマホアプリの情報提供、ありがとうございます。ゆくゆくは遅延・運休等の運行情報に加えて、JR東日本などのように列車走行位置も公開されることが期待されます。


▼ 麻夫 さん(No.3934・3936・3943・3953)

 プレミアムカーやライナーの料金は、つまるところ座席指定料であって、速達料ではないということでしょうね。先日久しぶりに京阪特急を利用したところ、7連に短縮されたことも影響しているのでしょうが、京都口でも以前のガラガラぶりとは打って変わってそこそこの乗車率になっており、座席確保目的のプレミアムカー利用者を獲得するには特急が適任だろうと改めて感じました。また、さしあたり京橋までノンストップで設定されるライナーが、もとより始発列車の設定がある樟葉や枚方市を対象とすることでどの程度利用されるのか注目されるところで、ゆくゆく始発列車のない駅にサービスを拡大すべく区間延長や停車駅追加などが行われる可能性もあるのではないかと思います。

 5000系は昨今のホームドア設置のプレッシャーに引導を渡されることになるようですね。架線電圧600V時代の制約で長編成化も高加速度化も難しい中、所要時間短縮や遅延防止を駅停車時間の短縮によって実現しようとした多扉化でしたが、同等の所要時間短縮効果を得らえる加速性能の7連が増えた今となっては、5ドア時の座席減少・3ドア時の扉位置のズレといった負の側面も併せ持つ5000系はかつてほど重宝されない存在になっているのかもしれません。保存はどうなるでしょうね。実現するなら、走らなくても構わないので、座席昇降機能が維持されることを望みます。

 男山ケーブルはたしかに旧特急色のままですね。磁気カードは使えるもののICカードには対応しませんし、時が止まったような存在になっている感はあります。


 7000系が阪急から能勢電へ転属ですか。7000系としては最終増備に近い(1年あまりで8000系が走り出す)車両だそうで、阪急もようやくこの世代の車両を能勢電に送り出せる状況になったんですね。7000系4連なら阪急線内での使い道がいくつも考えられるにもかかわらず、ですから、変われば変わるものです。いや、元に戻ったというべきでしょうか。5100系転属の際にはオールドルーキーとPRされていましたが、さて今回はどうなるでしょうか。


 E4系の今後についての情報提供、ありがとうございます。E4系には自由席の二階席と階下席に1度ずつ乗ったことがあるだけですが、その時の印象ではマニアに不人気な二階席の3+3座席は、1脚2人で座るなら悪くないと思いました。不満に思ったのは、座席下の足元が抜けていないことぐらいでしょうか(あと、座席とは関係ないところで狭く急な階段の昇降)。さすがに1脚3人で座るのはきつそうですが、それほど混雑する時間帯であれば座席の絶対数も重要で、立つよりはマシといったところではないかと思います。乗車率66%、一般的な3+2座席の新幹線普通車の定員(座席列数が同じ場合)に対して80%にあたる乗客数までなら、特に大きな問題はないというのが正直な感想でした。

 E4系に代わって導入されるのE7系とのことで、全車2階建ての形式と共に、フル規格車両で16両編成が組める形式がなくなります。新幹線通勤の普及等で1編成あたり1600人あまりの定員が必要とされていた時期があったのも、懐かしい話です。


 連接バスには、幕張で先代の車両に乗ったことがあるのと、期せずして神姫バスの後ろを走ったことがあるぐらいです。走らせることそのもののハードルが高いのに加えて、そもそも使い方を選ぶ車両だという印象でした。近い将来、国産の連接バスも売り出されるようですが、さてどの程度普及することになるでしょうか。

 その連接バスにかつてはダブルデッカーまであったとは驚きました。検索をかけて動画サイトで見ましたが、日本の車両を見慣れた目には化け物に見えます。ただ、姫路セントラルパークで走っていたという点については、特に意外性はありませんでした。さもありなん、という印象です。


▼ ちさと さん(No.3938)

 天王寺動物園の最寄り駅が動物園前であることはその名の通りですが、一般的には天王寺から徒歩でしょうから、堺筋線と動物園が結び付いている印象は薄いように思います。一方、貫通扉のガラスに刷り込まれた動物のイラストは子供が喜びそうですので、ただただ無機質な車内であるよりはいいかなとも思います。


▼ とおーりすがって さん(No.3939)

 信楽高原鉄道の新車についての情報提供、ありがとうございます。置き換えられた車両は24年で老朽化だそうで、レールバスの延長のようなディーゼルカーの短命さが際立ちます。体制も車両も新しくなったことですので、地元の利用に結びつけばなによりです。


▼ 京急八王子 さん(No.3940・3945・3949)

 京王の有料列車と設備投資計画についての情報提供、ありがとうございます。

 いくつかの候補の中から投票でサービスの愛称を決定するケースが近年見られますが、何となく結論ありきの話題作りのように感じられることも少なくありません。一般公募に伴うリスクは避けつつ、一応皆さんに決めていただくプロセスは取りましたよ、というアリバイ作りなのだろうと感じます。

 笹塚〜仙川の連続立体交差事業は、目に見える形での具体的な動きがあるんですね。たしか同時に実施されると記憶している明大前と千歳烏山の2面4線化によって、駅手前で足止めを食うケースは大きく減ると考えられ、早期完成に期待しています。無理に伸ばした狭いホームの拡幅や、ところどころ存在するきついカーブの緩和も実現すれば、なおいいですね。区間内に地下化される駅はなく、乗降客数10万人を超える駅も明大前のみですが、各駅にホームドアが設置されるかも注目されます。

 車上蓄電池システムは、停電時に自力走行可能であるのが利用者にとっての最大のメリットになるでしょうか。例示されている橋梁上での停止だけでなく、夜間や地下区間の駅間で身動きが取れない、あるいは雨天時に線路上を徒歩で移動する、といった事態の減少が期待されます。先行列車が停車中の駅に、後続列車の利用者が直接降りられるよう手が打たれていれば、さらに望ましいと思います。


 阪急・阪神・神鉄の決算関連の情報提供、ありがとうございます。阪急と阪神は堅調ですが、神鉄は相変わらず厳しい状況のようですね。都心回帰が進む中で車社会の郊外を主とした路線のみの神鉄が持ち直すのは奇跡に近いことなのかもしれません。


 なにわ筋線についての情報提供、ありがとうございます。おやっと思ったのが、区間内の駅に西大橋がなかったこと。南海とJRの共用区間では、両社が分岐する西本町と、京阪と接続する中之島に駅を設置する計画とのことで、費用の掛かる駅を最小限に絞った面はあるでしょうか。一時は建設費圧縮のために中間駅無しも検討されたようですが、自前の路線で難波へアクセスできる阪神(福島)や地下鉄(西大橋)はともかく、京阪までも接続を取らないのはか えって整備効果を落とすということかもしれません。ただ、京阪としては、中之島をなにわ筋から離して設置してしまったことと、鳴り物入りで開業したものの現在は一支線のような扱いになっている中之島線をダイヤ的にどう位置づけ直すかが悩ましいところではないかと推察します。


▼ 上新庄 さん(No.3941・3947・3956)

 東武の新型特急についての情報提供、ありがとうございます。これまで方面別に有料列車の車両を作り分けてきた東武にとってリバティは初めての汎用特急車で、廃車が近付く6050系の分割併合可能な点を引き継ぎつつ特急化を図った後継車という位置づけでもあるのでしょう。ダイヤを見ると、リバティは多様な使われ方をしており、今後のリバティの活かし方とダイヤの方向性を見極めている面もあるでしょうか。一方、今回の改正で南栗橋をまたで直通する料金不要列車がすべて消滅したことが日光線の利用者にどのように評価されているのか、関心のあるところです。


 大阪市交通局の民営化についての情報提供、ありがとうございます。しばらくは現行のサービスが続くとは思いますが、地下鉄単体・路線バス単体の変化もさることながら、両者の連携が維持されるのかも要注目です。

 地下鉄は全体として大幅に黒字ですから、ネットワークとして機能しなくなりかねないほどのサービスカットにまでは手を付けないのではないかと思います。

 問題は路線バスで、系統別収支を見ると、営業係数が低い(=黒字)路線には、平均乗車密度が高く、敬老パス等の利用者が少ない傾向があります。その多くは地下鉄エリア内を走る路線でもあり、鉄道とダブっていることを理由に減便すると、ますます大赤字に陥りかねないと考えられます。地下鉄や道路の整備によって大阪市内中心部の渋滞が緩和されたことで、路線バスの走行環境が改善されたことから、乗り換えを嫌う利用者の逸走や乗継割引の適用による売り上げの目減りにつながる「中心部は地下鉄・郊外は路線バス」といった従来型の役割分担は、両者が別組織になるのを機に見直してもよさそうです。


 京成8000形の復刻塗装化についての情報提供、ありがとうございます。新京成といえば、特に8000形といえばこの塗装の印象です。続く京成直通編成用の塗装も8000形に馴染んでいてよかったのですが、現行塗装はいまだにしっくりきません。近鉄特急もそうですが、旧形式の造形に合わない新塗装はパッとしませんね。近鉄の一般車が赤一色から赤白の塗装になったときは、良くなったと思ったものですが。


▼ 通りすがり さん(No.3951)

 リニューアルされた7015Fの情報提供、ありがとうございます。このリニューアルを機に黒ワイパー化が行われたのでしょうか。すでに全車交換済みだとばかり思っていました。


▼ 通り さん(No.3946)

 京阪プレミアムカーについての情報提供、ありがとうございます。報道を見る限り、JR特急車の普通車以上、グリーン車未満といったところでしょうか。料金に対してサービスレベルは高そうに見えます。運行が始まったら、機会を見つけて乗ってみたいものです。

 その他の情報提供も、ありがとうございます。


● Re:なにわ筋線に関する情報源

投稿者:通りさん  投稿日:2017/06/02(Fri) 05:36:44
No.3957


ご参考までに貼っておきますね
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170331-00000011-zdn_mkt-bus_all
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170523-00000522-san-bus_all

・・・しかし阪急も本当に参社してきますと
線路は三線か&#12442;四線になるのでしょうか・・・


● まさかのリバイバル!!

投稿者:上新庄さん  投稿日:2017/06/02(Fri) 00:36:46
No.3956

新京成電鉄は、8000形の1編成を登場時の塗装に復刻されることが発表されました。

8000形は最初の1編成はマルーンとベージュのツートンカラーでしたが2編成目からはベージュの車体に茶色の帯を巻くようになりました。
これは8800形にもおよび昭和末期から平成にかけて新京成の標準カラーになりました。

しかし、京成千葉線に乗り入れるようになると帯の色がマルーンに変わり、そして現在はホワイトとピンクのツートンカラーに変わりつつあります。
もちろん、8000形も1編成がその新しいカラーです。

しかし、今回、1編成が登場時の塗装に戻すことでかつての雰囲気を出そうという試みです。
もちろん、京成千葉線にも乗り入れ対応なので登場時の塗装が京成線を走ることもありそうです。

ちなみに8000形は置き換えが進み引退が近づいていますが8000形が最後まで駆け抜けてほしいものです。


● 続バスの話題ですが・・・

投稿者:通りさん  投稿日:2017/05/31(Wed) 00:43:05
No.3955


今年になってから
とあるバス会社が完全個室型の夜行高速バスを運用開始したそうです

とりあえず東京大阪区間からの運行開始だそうで
運賃は2万円だそうですよ

情報源思い出して見付かったらまたはっておきますね・・・


● バスのネタですが・・・

投稿者:麻夫さん  投稿日:2017/05/30(Tue) 14:42:00
No.3953  - E-mail -

 こんにちわ、先ず自宅のアドレスが変更されましたので、よろしくお願いします。
 さて、今回は鉄道ではなく、バスの話題となってしまいますが、欧米では当たり前だった“連接バス”が、ここ数年で我が国でも普及してきました。地元の神奈川中央交通では、すでに3路線が走り、そのうち1路線は休日、データイムでも走るので、身近な乗り物となりつつあります。また、今年には、南海バスにて関西空港関連の路線に入れたとかで…そんななか、かなり昔の話になりますが、ダブルデッカーの連接バスも存在したことはあまり知られていません。それは今から33年前に、講談社(おそらく)で発行された、子供向けの全国のバスを紹介する書物がありました。
その書物は“東日本版”と“西日本版”が発行され、前者は北海道から愛知を含む中部地方まで、後者は近畿から沖縄までで、そのうちの西日本版の、前の方のページで紹介されたいました。
導入されたのは当時、連接バスの公道走行が許可されていなかったじだいなので、姫路にある“姫路セントラルパーク”という場所だったと思います。この車はダブルデッカーで定評のあるドイツ・ネオプラン社製で、園内のライオンなどを放し飼いにしてあるゾーンを周回するものだったようです。当時はダイナミックな車両が登場したと、驚きましたが、その後、日本はもとより、海外でもこの車両の導入実績はなかったようで、やがて記憶の彼方に消えてゆきました。現在、当園を走る遊覧バスは、トラックを改造した車両に交換されているようで、その後、この車が保存されているのかは不明です…
 姫路では、数年で姿を消したモノレールや手柄山のターンテーブル付(パレス式と言ったとのこと)ゴンドラと並んで、謎の多い乗り物ではないでしょうか…


● 7015F

投稿者:通りすがりさん  投稿日:2017/05/30(Tue) 03:55:12
No.3951

更新工事を経て宝塚線で営業復帰した7015Fですが
先頭車のワイパーが黒地のものに変更されてますね。
宝塚線ネタで失礼しました。


● Re:No.3802

投稿者:通りさん  投稿日:2017/05/27(Sat) 03:44:53
No.3950


確か昨年夏頃に記載しました
JR阪和線の東岸和田駅の高架化工事完了は
今年10月過ぎ頃だそうです


● なにわ筋線ついて

投稿者:京急八王子さん  投稿日:2017/05/24(Wed) 12:49:38
No.3949

こんにちは

5者(大阪府、大阪市、JR西日本、南海電鉄、阪急電鉄)において国との協議を進め、早期事業化を目指すとのこと。

整備区間
・JR難波駅−(仮称)西本町駅−(仮称)北梅田駅(JR西日本)
・南海新今宮駅−(仮称)西本町駅−(仮称)北梅田駅(南海電気鉄道)

中間駅
・(仮称)中之島駅
・(仮称)西本町駅
・(仮称)南海新難波駅

総事業費
・既算事業費:約3,300億円

事業スキーム
・上下分離方式

整備主体
・第3セクター

開業目標
・平成42(2031)年度

その他
・(仮称)北梅田駅北側で阪急十三方面へ分岐する路線(なんば筋連絡線)についても国と連携しながら整備に向けて調査・検討を進めていくとのことです。

なにわ筋線についてですが、JR側のルートは当初の予定とおりですね。
しかし南海側のルートは予想外でした。当初は、南海高野線(汐見橋線)の汐見橋駅 - 木津川駅間 1.5kmを現経路の地下へ移設し、汐見橋駅・芦原町駅を地下駅にする構想でしたから。
採算性が合わないと思ってこのルートにしたと思われますが・・・

詳細はココをどうぞ
http://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/5072.pdf


● 近鉄HDの決算

投稿者:通りさん  投稿日:2017/05/21(Sun) 22:22:45
No.3948


近鉄も決算の情報が出ておりますので貼っておきますね

http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20170515/5680501.html
http://www.kintetsu-g-hd.co.jp/common-hd/data/pdf/21_setsumei20170515144414948270731.pdf


● 来年ついに・・・

投稿者:上新庄さん  投稿日:2017/05/20(Sat) 12:03:45
No.3947

ついに平成30年4月、大阪市交通局が民営化されます。
長年の悲願・・・といいますか、やっと、ようやくといった感じでしょうか。

簡単にすると、地下鉄については大阪市が100%株主の株式会社に移行します。

バスについては大阪市の外郭団体、大阪シティバスに移行します。
バスは一部の営業所が大阪シティバスに委託していますので委託から移行に変わる形です。

そこで気になるのが民営化による影響。

私が着目したのが今年3月に行われた谷町線のダイヤ改正。
谷町線の大日から都島と文の里から八尾南の間は増発されたものの東梅田や谷町九丁目、天王寺駅など中心部が減便されたものでした。

あくまで私の見解ですが、今後は減便されていくのかなという流れになりそうです。
たとえば今里筋線や千日前線が昼間は15分間隔になったりとかといったところでしょうか。

バスについては大幅な系統整理がありそうです。
地下鉄がなくバスしかないエリア(たとえば大正区や東住吉区、東成区、東淀川区あたりとか)は現状維持になる可能性がありますが、近くに鉄道路線があったり中心部に関してはもしかすると減便や廃止がたくさん出てくる可能性がありそうです。

大阪市交通局の民営化・・・どんな影響が出るのか注目です。


● Re:No.3932

投稿者:通りさん  投稿日:2017/05/19(Fri) 23:39:24
No.3946


その京阪のプレミアムカーが早速公開されましたので情報を貼っておきますね

中之島駅での8555Fです
http://www.mbs.jp/news/kansai/20170519/00000033.shtml
http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20170519/3203521.html
他でも沢山取り上げられております

個人的に気になるのですが
この車両の登場によりまして一部の時間帯に中途半端に設けられております
京阪全区間運用の快急や急行の動向が気になります・・・

着席目的だけならこれでも十分なのですが
もし無くなって準急以下の種別となりますとちょっとね(阪急でも)・・・


● 阪急阪神ホールディングス・神鉄の平成28年度決算について

投稿者:京急八王子さん  投稿日:2017/05/14(Sun) 11:55:16
No.3945

こんにちわ。
阪急阪神ホールディングス(以下阪急阪神HD)および同グループである神戸電鉄(以下神鉄)の平成28年度決算が公表されましたので表示しておきます。

@、阪急阪神HDの都市交通事業
 都市交通事業(連結)での営業収益/損益ですが、営業収益は2371億3600万円(1.0%減)、営業利益は422億3700万円(2.3%増)となりました。
 これは、中食事業を展開している[鰍「いなダイニング]が連結子会社から持分法適用関連会社となったこと等により営業収益は減収したものの、鉄道事業において動力費が減少したこと等により営業利益は増加したと思われます。
 利用客の増減ですが、阪急は「定期外 0.3%減、定期 1.2%増(通勤 1.4%増、通学 0.6%増)、トータル 0.4%増、阪神は「定期外 0.5%増、定期 1.7%増(通勤 1.4%増、通学 2.6%増)、トータル 1.1%増」となりました。

A、神鉄の運輸業
 営業収益/損益ですが、営業収益は129億3100万円(0.0%増)、営業利益は10億7700万円(3.6%減)となりました。

 利用客の増減ですが、「定期外 0.6%減、定期 0.6%減、トータル 0.6%減」となりました。
 鉄道事業(個別)の営業収益/損益につきましては、公表されておりあせん。

 阪急・阪神はトータルで前年度に続いて増加、神鉄はトータルで現象に転じました。
 阪急は定期外利用客数こそ減少に転じましたが、定期利用客数の増加によりカバーできた感じです。
 神鉄はやはりと言うべきか、単なる一時凌ぎでしたね。
 鉄道事業の減収をバス・タクシー事業の増収でカバーした感じに思えてしまいそうですね。

最後に
 神鉄の鈴蘭台駅の橋上駅駅舎化工事が行われておりますが、平成30年夏頃の供用開始を予定しているそうです。


● 追加

投稿者:通りさん  投稿日:2017/05/08(Mon) 23:18:20
No.3944


JR東の豪華クルーズトレイン「四季島」、申し込みは最高76倍に
以前こういう情報のニュースが流れてましたので・・・

またこれだけのために上野駅では13.5番線ホームなるものを設けたのですね(昔は別名義と目的で使用)


● 2階建て新幹線引退か。

投稿者:麻夫さん  投稿日:2017/05/08(Mon) 18:20:23
No.3943  - E-mail -

今回は、今回は携帯から投稿します…
JR東日本のE4系が、数年後に引退するとの情報が、ありました。
E4けいは、Maxとよばれるオール2階建て新幹線で、E1系の改良型として登場しました。現在は上越新幹線で使われていますが、発表によると、上越新幹線に北陸新幹線で使われいるE7系を導入し、E4系を置換えていくとのことです…


● ではJR東日本の話題で

投稿者:通りさん  投稿日:2017/05/02(Tue) 23:25:07
No.3942


JR東日本のツアー専門の豪華寝台列車
<トランスイート 四季島>
が運行開始しました

http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20170501/5775851.html


● リバティスタート!!

投稿者:上新庄さん  投稿日:2017/05/02(Tue) 16:40:38
No.3941

4月21日、東武鉄道でダイヤ改正がありました。

注目はなんといっても500系による新型特急「リバティ」のデビューです!

リバティは「リバティけごん」「リバティきぬ」「リバティ会津」を基本に一部は「リバティりょうもう」、「スカイツリーライナー」も運転されます。
なかでも「アーバンパークライナー」は野田線(アーバンパークライン)で初めての特急列車となりかつて普通しかなかった路線が大きく進化しました。
また浅草から会津への直通特急の新設によって会津へもいきやすくなりました。

その一方でこれまで長く存在した快速・区間快速はなくなり、南栗橋での乗り換えに変わりました。
特急が充実する一方、ローカル輸送は実態にあわせた格好で直通がなくなったことでさらに格差が広がらないか心配です。

とはいえ特急の系統やローカル系統が大きく変わった今回の改正。

東武鉄道の真価が問われそうです。


● 京王の話題

投稿者:京急八王子さん  投稿日:2017/04/29(Sat) 17:29:49
No.3940

こんにちは
約2ヶ月ぶりのご無沙汰です。
京王の話題を2点。

1、京王の有料列車について

平成30年(2018年)春に運行開始する有料の座席指定列車の愛称投票を実施するとのこと。

愛称候補は以下の5つ

 京王ライナー(京王電鉄の新サービスであることをシンプルに表現)
 京王スマートライナー(「気の利いた(smart)サービスを表現」)
 京王プライムライナー(「最上の(prime)サービスを表現」)
 Luxpress(「Luxury+Express(贅沢な急行)の造語」)
 WESTER(「west+star(東京都西部を走行+人気)の造語」)

興味ある方は投票してみてはいかがでしょうか?
https://www.keio.co.jp/news/update/news_release/news_release2017/nr170426_zasekishitei.pdf

2、平成29年(2017年)度の鉄道事業設備投資計画について

・京王線(笹怏w〜仙川駅間)連続立体交差事業
・ホーム安全対策の推進
・座席指定列車の運行開始に向けた新型車両等の導入
・車両のリニューアル
・車内液晶ディスプレイの2画面化

京王線(笹怏w〜仙川駅間)連続立体交差事業について
通勤にて京王線を利用していますが、明大前駅・下高井戸駅間、千歳烏山駅・仙川駅間にて取得用地が目についてきました。
本腰を入れている感じですがどうでしょうね?

ホーム安全対策の推進について
京王では京王線の新宿駅、国領駅、布田駅、調布駅、そして井の頭線の吉祥寺駅にてホームドアが使用開始しておりますが、
平成30年(2018年)度までには新線新宿駅と渋谷駅でも使用開始を予定しているとのことです。
他にも転落防止固定柵の整備を進めていくとのことです。

座席指定列車の運行開始に向けた新型車両等の導入について
去年から当掲示板に出ていますがデュアルシートの新型車両5000系を指しています。

車両のリニューアルと制御装置(VVVFインバータ)の更新について
京王線8000系3編成と井の頭線1000系3編成が対象とのこと。
リニューアル内容:手すりやつり革を握りやすい形状に変更、座席中間部の手すりや座席端部の仕切り板を設置するとのこと。
制御装置(VVVFインバータ)の更新:
8000系は日立製GTO素子インバータ制御、1000系は東洋電機製GTO素子インバータ制御(奇数編成)と日立製IGBT素子インバータ制御(偶数編成)をそれぞれ採用しています。
8000系は東芝製または日立製のIGBT素子、1000系は東洋電機製のIGBT素子に更新されると予想していますがはたして・・・

車内液晶ディスプレイの2画面化について
京王線7000系5編成と9000系の8編成、そして井の頭線1000系の3編成を2画面化するとのこと。
7000系は7721Fから7725Fまでの5編成が対象と思われます。
9000系や1000系では2画面化されている編成も出ている為、対象編成については不明ですね、

詳細はココをどうぞ
https://www.keio.co.jp/news/update/news_release/news_release2017/nr170428_2017tetsudo.pdf

最後に
新型5000系はデュアルシートのみならず車上蓄電池システム(電車がブレーキをかけたときに発生する回生電力を、車両に搭載した蓄電池に充電し、電車の運転用電力として再利用する)という新機軸を採用するとのこと。今後この機軸がどう影響するか注目です。
8000系0番台の8701編成と8702編成にて車両のリニューアルと制御装置が更新されていました。
走行音を聞いて制御機器が更新されたことが判りましたが、日立製と思っていなかっただけに以外でした。


● 信楽高原鐵道の話しです

投稿者:とおーりすがってさん  投稿日:2017/04/29(Sat) 01:07:08
No.3939

こんばんは。
先日久々にこちらへと乗車する機会がありましたので乗ったのですが
偶々偶然新車がやってきました。
どうやら新車が投入されたようなんですね。
自分で少し調べてみましたが本年二月頃から古いのと置き換えられて
ちょっとだけ投入されたみたいです。
皆さんももし良ければどうぞ。


● 扉にヒョウ柄

投稿者:ちさとさん  投稿日:2017/04/27(Thu) 12:06:21
No.3938

地下鉄堺筋線地下鉄車両の扉内側に豹柄がお目見えして話題になっているそうですが、着席することが多く違和感の有る扉だと思ってましたが報道を見てなるほどと思いました。
車内内装とミスマッチングで浮いて見えるのでどうせなら車内も扉のヒョウ柄併せて内装していただければいいのですが、いっそ外装も動物ワッペンで飾ったらいいかも&#128048;


過去ログ| |管理者専用

- SunBoard -
(Redesigned by Fair_Fare@U.R.L.)