"新京阪" 掲示板

 阪急京都線を中心とした、主に鉄道関係の話題を扱う掲示板です。

 タイトル画像をクリックすると、大きなサイズの写真を表示させることができます。

  2019年1月19日(土)改正の阪急京都線のダイヤグラム(平日土休日)を公開中!

管理者:Fair_Fare@U.R.L.

 なお、当掲示板は、非公認の私設掲示板です。阪急電鉄(株)などの鉄道会社や自治体に対して、当掲示板上の内容に関連するお問い合わせ等をなさないようお願いいたします。当掲示板の管理・運営に関するご意見とともに、管理担当Fair_Fareがメールにてお伺いします。また、掲示板にそれらに類する投稿があった場合は、予告や理由の説明なく管理担当者の判断で削除することがありますので、あらかじめご了承ください。



おなまえ 
Eメール 
タイトル 
コメント(タグ使用不可


※ 投稿できない場合は、ご一報ください。


1ページあたりの表示件数:最大20件


● 駅別乗降人員2020

投稿者:Fair_Fare@U.R.L.  投稿日:2021/11/07(Sun) 16:33:58
No.4329  - 管理者宛メール -  > 未確認"鉄道"研究室 <

 大変ご無沙汰しております。

 阪急電鉄公式Webに駅別乗降人員が掲載されています。現在のものは2020年(通年平均)の数値で、いわゆる新型コロナの蔓延後はじめてのものです。

https://www.hankyu.co.jp/station/passenger.html

 具体的な乗降人員とその順位は掲載されている通りですので、ここでは別の視点から。

 各駅とも前年比で大きく乗降人員を減らしています。ただその減り方は一様ではなく、駅によって異なります。減少度が小さかった上位10駅は……

1.淡路  -15.94%
2.中津  -16.18%
3.崇禅寺 -16.87%
4.水無瀬 -18.25%
5.三国  -18.66%
6.花隈  -19.01%
7.神崎川 -19.29%
8.柴島  -19.45%
9.岡町  -19.86%
10.春日野道 -19.91%

 割と大きな病院の最寄り駅が多いは偶然でしょうか。20%未満の減少はこの10駅です。


 逆に減少度が大きかった10駅は……

78.六甲    -31.00
79.西京極   -31.28
80.宝塚南口  -31.29
81.岡本    -32.34
82.烏丸    -31.88
83.甲東園   -35.75
84.京都河原町 -36.33
85.仁川    -37.23
86.関大前   -42.56
87.嵐山    -43.13

 観光客と学生(特に大学生)が多い駅が目立ちます。また各都市中心部の減りも大きく、六甲から大宮・神戸三宮・大阪梅田と続きます。30%以上の減少はこの13駅です。

 2020年度の阪急全体の輸送人員は1960年代半ばと同等となっており、経済活動が全面的に復活しても元には戻らないと予想されています。推移次第では、京阪本線や東急田園都市線のような減量ダイヤも考えられ、今後が注目されます。


▼ SR快速 さん(No.4326)

 大阪地下鉄の定期券売場閉鎖についての情報提供、ありがとうございます。定期券売場の統廃合は以前から課題だったのだろうと想像しますが、各社とも今なら利用者から理解が得られる(≒利用者が反対しづらい)との判断に至ったのでしょう。終電繰り上げと似た背景を感じます。

 証明書等が必要な定期券購入に、定期券売場での手続きが不要となる(半オンライン化される)とのことで、ゆくゆくモバイルICOCAでの定期券購入に結びつくのかもしれません。


▼ 上新庄 さん(No.4327)

 京阪のダイヤ改正についての情報提供、ありがとうございます。かなり大胆な減便で驚きました。仮に利用者がある程度戻った時に果たして対応できるのだろうかと、沿線外ながら気になります。

 昼間時間帯は、4本/hパターンを基本として部分的に6本/h的に利用できるよう考えられている(快急や枚方市発着普通の2本/h運転)ようですが、パターン外列車がうまく機能したケースは記憶になく、どのような利用状況なのか関心のあるところです。新車を作ってしまった3000系のプレミアムカーを活用するための苦肉の策にも見えますし、車齢の高い8000系の引退が早まる可能性が高まったとも思います。


▼ ちさと さん(No.4328)

 阪急・北急の定期券売場集約についての情報提供、ありがとうございます。自動券売機の普及後も定期券やJRであれば長距離切符などは長らく窓口・対面での販売が残っていましたが、その機械化・セルフ化も避けられないようです。機械化そのものの問題というよりは、インターフェイスの設計・仕様と利用者の慣れの問題ような気もするところで、前者はメーカーに改善を期待するよりほかありませんが、後者は時間が解決するだろうとも思います。

 窓口・対面での対応が、機械化・セルフ化より高コストなのであれば、また利用者が窓口を必要とするのであれば、その対価として窓口手数料が設定される可能性はあるだろうと思います。今まで利用者が気にせずにいられた窓口維持にかかる費用の可視化と言い換えられるでしょうか。


● 阪急グループのリストラ?!

投稿者:ちさとさん  投稿日:2021/11/02(Tue) 15:22:33
No.4328

阪急、北急等定期券売り場集約大幅に減りました
ネットで買えるからだそうですが、携帯やパソコン無い人や機械音痴は不便になります
 話変わりますが京トレイン等は車内放送はテープを使用してますが京都線の普通電車でテープで案内してましたが地下鉄車両は設備有るのにまだ阪急線では聴いたこと無いし神戸線と宝塚線も無し たまたま試験運用に乗り合わせたのか
 淡路乗り換え車内案内は今だに阪急はJRの案内無し JRは案内してまっせ


● 9月25日から・・・

投稿者:上新庄さん  投稿日:2021/07/18(Sun) 17:45:04
No.4327

9月25日から京阪電車でダイヤの見直しを行います。
なんといっても終電繰り上げです。
淀屋橋発は特に深夜急行は廃止となります。
樟葉への最終は20分ほど繰り上がり快速急行となります。
また最終の準急淀行き、最終の普通萱島行きも20分ほど繰り上がります。
出町柳発は急行淀屋橋行き最終が15分ほど繰り上がり快速急行に変わります。
また昼間は1時間に4本ずつに変わります。
ただし、救済として1時間に2本快速急行が設定されます。
これにあわせて快速急行にもプレミアムカーが連結される列車が設定されます。
京阪がついに大ナタ、つまり大リストラに踏み切りました。
他社も追随するか注目です。


● Osaka Metro 定期券売り場リストラ

投稿者:SR快速さん  投稿日:2021/05/03(Mon) 10:54:52
No.4326

Osaka Metroでは去る4月30日をもって、御堂筋線なかもず、谷町・今里筋線太子橋今市、四つ橋線玉出、ニュートラムポートタウン東の4定期券売り場を閉鎖したことを発表しました。
 https://subway.osakametro.co.jp/guide/page/20210408_teihatsu_oshirase/20210501_teihatsu_oshirase.pdf

定期券Web予約サービスの導入が契機とされていますが、ここにきて大胆なリストラ実行となったものです。これで定期券売り場のある駅は今里筋線・ニュートラムからなくなるほか、すべて大阪市内に集約されることとなります。また四つ橋線もなんば1か所のみとなります。
特に堺市北区(なかもず・新金岡・北花田の各駅)周辺地区は相当ショックでしょう。特に子供が御堂筋線の通学定期券を初めて購入する時、区間変更・払い戻し時は最短でも天王寺駅まで出向かないといけなくなります。
その一方で東梅田駅の売り場が残ったのは理由があるのでしょうか。西梅田駅の売り場は梅田駅に統廃合されて長く時間が経ちますが、なんば駅のようにまとめても問題ないかと思います。
JR西日本でもみどりの券売機プラスを導入する駅が増えていく中、他私鉄でもWebサービスの進化や対話可能な多機能券売機導入で対面窓口の集約は進むかと思いますが、著しい不便が生じないような対応をお願いしたいものです。


● 優先座席

投稿者:高槻市社会福祉事業団さん  投稿日:2021/03/16(Tue) 16:40:33
No.4325

優先座席に、「介助者のため車いす席の隣をお空けください」
の表記は欲しいですね。


● 2020年

投稿者:Fair_Fare@U.R.L.  投稿日:2020/12/31(Thu) 22:40:33
No.4324  - 管理者宛メール -  > 未確認"鉄道"研究室 <

 またずいぶん長らくのご無沙汰となってしまい、大変申し訳ありません。

 いわゆる新型コロナの世界的な大流行により、2020年は多難の年となった方も多いのではないでしょうか。鉄道に関しても利用者が激減し、またそれが必ずしも元には戻らないとの予測もあり、大きな変化の起点となった年として後に位置づけられることになるのではないかと思います。終電の繰り上げや運賃割引のあり方の変化などが近く実施される動きとして挙げられますが、今後都市における鉄道の立ち位置や存在意義そのものの変化に発展することも考えられそうです。さて阪急の今後はどのようなものになるでしょうか。少なからぬ犠牲を払った今年の出来事に対して、災い転じて福と為すとなればよいのですが。

 取り急ぎ年末のご挨拶のみで失礼いたします。皆様、良い年をお迎えください。なお今年は年末の撮影を控えたため、年明け恒例のタイトル画像更新はありません。


● 公営地下鉄の令和元年度決算

投稿者:京急八王子さん  投稿日:2020/12/27(Sun) 10:36:21
No.4323

こんにちわ

8都市の公営地下鉄の令和元年度決算も載せておきます。
@、純損益
 仙台市を除く7都市で黒字となりました
 ○札幌市営地下鉄 : 86億3,410万円(30年度: 94億9,704万円)
 ○仙台市地下鉄  : -45億3,684万円(30年度: -18億9,667万円)
 ○都営地下鉄   : 300億7,716万円(30年度: 366億4,961万円)
 ○横浜市営地下鉄 : 74億1,126万円(30年度: 89億4,257万円)
 ○名古屋市営地下鉄: 150億5,371万円(30年度: 168億7,179万円)
 ○京都市営地下鉄 : 23億4,505万円(30年度: 23億3,269万円)
 ○神戸市営地下鉄 : 15億 531万円(30年度: 22億5,725万円)
 ○福岡市地下鉄  : 71億7,931万円(30年度: 76億5,636万円)

A、1日平均の利用客数(トータルのみ)
 仙台市、東京都、京都市、福岡市4都市が前年に続いて増加となりました。
 ┏━━━━━━━━┳━━━━━┯━━━━━┯━━━━┯━━━┓
 ┃        ┃令和元年度│平成30年度│ 増減数 │増減率┃
 ┣━━━━━━━━╋━━━━━┿━━━━━┿━━━━┿━━━┫
 ┃札幌市営地下鉄 ┃  619,971│  631,179│ -11,208│-1.80%┃
 ┃仙台市地下鉄  ┃  250,499│  249,021│  1,478│ 0.59%┃
 ┃都営地下鉄   ┃ 2,831,507│ 2,821,450│ 10,507│ 0.35%┃
 ┃横浜市営地下鉄 ┃  664,377│  669,970│ -5,593│-0.83%┃
 ┃名古屋市営地下鉄┃ 1,331,611│ 1,335,922│ -4,311│-0.32%┃
 ┃京都市営地下鉄 ┃  399,915│  396,564│  3,351│ 0.84%┃
 ┃神戸市営地下鉄 ┃  311,919│  313,617│ -1,698│-0.54%┃
 ┃福岡市地下鉄  ┃  473,482│  470,002│  3,480│ 0.74%┃
 ┗━━━━━━━━┻━━━━━┷━━━━━┷━━━━┷━━━┛

東京都、福岡市2都市が全線にて利用客数がトータルにて増加となりました。
逆に札幌市、横浜市が全線にて利用客数がトータルにて減少となりました。
(仙台市は東西線、神戸市は海岸線のみ増加、京都市と名古屋市は非公表)
純損益は仙台市を除く7都市で黒字となりました
新型コロナウィルスの影響が出始めていることも影響しているようです。
令和2年度は利用客数、営業収益の減少により赤字必須と思われます。

最後に
今年の投稿はこれが最後です
みなさんよいお年を


● 阪急・能勢電・北急・阪神・神鉄の大晦日終夜運転中止

投稿者:京急八王子さん  投稿日:2020/12/19(Sat) 14:00:24
No.4322

昨日18日、阪急阪神ホールディングス(以下阪急阪神HD)の都市交通部門4社および同グループである神戸電鉄にて今年の大晦日臨時電車の運行中止が発表されました。
新型コロナウィルスの感染拡大が影響していることは言うまでもありせん。

運行ダイヤは5社共に12月30日〜1月3日は土休日ダイヤにて運行となります。


● 阪急8000&#8226;8300系復刻編成の話題

投稿者:摩耶sanさん  投稿日:2020/12/08(Tue) 13:17:09
No.4321

初めまして摩耶sanです。

阪急8000&#8226;8300系復刻編成について
8000編成が正雀工場にて検査されているようです。
巷では復刻編成が「8000編成から8002編成に交代」とあるようですが、検査期間だけの措置のようです。

管理人さんへ
ここ数か月投稿されてないようですがどうしたのでしょうか?
仕事が多忙なのでそれどころじゃないかもしれませんが・・・・


● 阪急阪神HD・神鉄の令和2年度第二四半期決算について

投稿者:京急八王子さん  投稿日:2020/11/24(Tue) 14:40:04
No.4320

こんにちわ。
 
 阪急阪神HDおよび同グループである神戸電鉄(以下神鉄)の令和2年度第二四半期決算が公表されましたので表示しておきます。

@、阪急阪神HDの都市交通事業
 営業収益/損益ですが、営業収益は722億7800万円(39.2%減)、営業損失は70億4600万円(-)となりました。

 言うまでもありませんが、新型コロナウィルス影響が各事業に及ぼした結果ですね。

 利用客の増減ですが、阪急電鉄(以下阪急)は「定期外 43.3%減、定期 23.3%減(通勤10.8%減、通学 51.1%減)、トータル 32.8%減」、阪神電気鉄道(以下阪神)は「定期外 46.6%減、定期 18.1%減(通勤 9.8%減、通学 48.6%減)、トータル 32.2%増」となりました。

A、神鉄の運輸業
 営業収益/損益ですが、営業収益は50億9400万円(24.3%減)、営業損失は3億6200万円(-)となりました。
 利用客の増減ですが、「定期外 38.0%減、定期 17.2%減、トータル 24.4%減」となりました。

 阪神は前年度に続いてトータルで増加。前年度は減少だった阪急と神鉄はトータルで増加に転じました。
 阪急・阪神・神鉄3社ともにトータルにて減少となりました。

 新型コロナウィルスの猛威がここまで及ぶとは思いもしませんでした。
 本年度末にはワクチンが出回り、利用客数も増加に転じると思われると思われますが、不安ですね。

>>最後に
 阪急・阪神・神鉄の利用客数は平成22年10月以降の計上方法で算出されています。


● 神戸営地下鉄の令和元年度決算

投稿者:京急八王子さん  投稿日:2020/09/20(Sun) 15:26:47
No.4319

連投失礼します。

 神戸市営地下鉄の令和元年度決算の詳細が公表されましたので表示しておきます。
  営業収益 :208億2,657万円(30年度:210億1,043万円)
  営業支出 :201億8,303万円(30年度:195億2,221万円) 29年度:202億6,887万円
  営業損益 : 6億4,353万円(30年度: 14億8,822万円) 29年度: 7億7,818万円
  営業外損益: 8億6,177万円(30年度: 7億6,902万円) 29年度: 9億 358万円
  経常利益 : 15億 531万円(30年度: 22億5,725万円) 29年度: 16億8,176万円
  純利益  : 15億 531万円(30年度: 22億5,725万円) 29年度: 16億8,176万円

 30年度に続いて最終黒字となりました。

 路線別決算ですが、経常損益(営業損益)は以下の通り、西神・山手線が黒字、海岸線は赤字でした。
  西神・山手線: 48億7,779万円(30年度: 60億2,919万円) 29年度: 59億6,623万円
  (うち営業損益: 46億2,854万円(30年度: 58億1,650万円))29年度: 54億3,793万円
  海岸線   :-33億7,248万円(30年度:-37億7,193万円) 29年度:-42億8,446万円
  (うち営業損益:-39億8,500万円(30年度:-43億2,827万円))29年度:-46億5,974万円

 一日平均の利用客数(トータルのみ)の増減ですが、
 ┏━━━━━━┳━━━━━┯━━━━━┯━━━┯━━━┓
 ┃神戸市地下鉄┃令和元年度│平成30年度│増減数│増減率┃
 ┣━━━━━━╋━━━━━┿━━━━━┿━━━┿━━━┫
 ┃西神・山手線┃  260,567│  263,381│-2,814│-1.06%┃
 ┃海 岸 線 ┃  51,352│  50,236│ 1,116│ 2.22%┃
 ┃全    線┃  311,919│  313,617│-1,698│-0.54%┃
 ┗━━━━━━┻━━━━━┷━━━━━┷━━━┷━━━┛

 西神・山手線は30年度に続いて減少、海岸線は30年度に続いて増加となりました。

 海岸線の利用客数は30年度にてに5万人を超えたものの、開業当初の需要予測の6割をようやく上回った状況にすぎません。
 その為、営業赤字額も開業から18年以上も経過しながら依然として減価償却費を上回っている状況であります。
 改善するも頭打ちであり、かつ今年は新型コロナウィルスの影響により、赤字額も悪化しそうです。
 赤字解消も永久にありえないのかと思えてしまいそうですね。

>>最後に
 京都・神戸2市の公営地下鉄の決算を公表しましたが、札幌・仙台・横浜・福岡4市の公営地下鉄の決算も公表されたそうです。


● 京都市営地下鉄の令和元年度経営状況

投稿者:京急八王子さん  投稿日:2020/09/20(Sun) 14:29:57
No.4318

こんにちわ
京都市営地下鉄の令和元年度経営状況がでたようですので表示しておきます。

 営業収益: 282億5586万円(30年度: 282億5627万円)
 営業支出: 261億5719万円(30年度: 254億4585万円)
 営業損益: 20億9867万円(30年度: 28億1042万円)
 経常損益: 23億4505万円(30年度: 23億3269万円)
  純損益: 23億4505万円(30年度: 23億3269万円)
 
 利用客(一日平均)の増減ですが「定期外 2.4%減、定期 5.5%増、その他 3.4%増、トータル 1.1%増」となっています。
 利用客数(一日平均)もトータルにて確も認したところ、39万9915人となりました。
 新型コロナウィルスの影響により利用客の減少は必須と思われただけに意外でしたね。 
 営業黒字は8年連続、最終黒字も5年連続となりました。


● 阪急出資の第3セクタ2社の令和元年度経営状況

投稿者:京急八王子さん  投稿日:2020/08/17(Mon) 14:00:58
No.4317

こんにちわ。
阪急が出資している第3セクタ2社の令和元年度経営状況がでましたので表示しておきます。

@、北大阪急行電鉄(以下北急)
 営業収益:62億 210万円(30年度:62億2183万円)
 (鉄道事業の営業収益:53億6370万円(30年度:53億7983万円))
 営業支出:56億7570万円(30年度:55億 211万円)
 (鉄道事業の営業支出:51億2116万円(30年度:51億1796万円))
 営業利益: 5億2604万円(30年度: 5億5365万円)
 (鉄道事業の営業利益: 2億4253万円(30年度: 2億6186万円))
 経常利益: 4億2695万円(30年度: 4億6141万円)
  純利益: 2億4076万円(30年度: 3億 154万円)

 利用客の増減ですが、8月17日現在更新されていません。わかり次第表示します。
 営業収益/純損益は前年に続いて減少、営業利益/経常利益も減少に転じました。

A、大阪モノレール
 営業収益:112億3568万円(30年度:113億4144万円)
 (軌道業の営業収益:108億 588万円(30年度:109億 588万円))
 営業支出:86億2030万円(30年度:79億9603万円)
 (軌道業の営業支出:84億1008万円(30年度:77億5030万円))
 営業利益:26億1537万円(30年度:33億4541万円)
 (軌道業の営業利益:26億1537万円(30年度:33億4541万円))
 経常利益:24億 631万円(30年度:31億2933万円)
  純利益:16億6559万円(30年度:20億7900万円)
 利益剰余:94億5384万円(30年度:77億8825万円)

 利用客の増減ですが「定期外 2.5%減、定期 5.5%増(通勤 4.2%増、通学 11.0%増)、トータル 0.7%増」となっています。
 トータルは30年度に続いて増加。定期外は30年度に続いて減少となりました。
 定期は3月以外で増加。定期外は4月と10月と12月と2月と3月以外で増加。トータルでは10月と2月と3月以外は増加となりました。
 ここ3年間にて営業費が増加に伴い、営業損益/経常損益/純損益も減少しております。
 前年同様に新型車3000系の導入や本線延伸(門真市〜瓜生堂間(仮))区間の工事着工といろいろあり、当面は営業費用の増大に伴う営業損益/経常損益/純損益の減少が続くと思われます。
 また、新型コロナウィルスの影響も重なり、利用者数も減少されると思われます。

 今年も大阪モノレールの決算公開が7月に公開されました。今後も決算公開を7月または8月に載せようと思います。
 北急は去年利用客数の更新を8月にしましたが、今年はまだ更新されていません。
 新型コロナウィルスの影響により利用客が減少したために公開したくないのでしょうかね? 


● 寂しい引退か・・・

投稿者:麻夫さん  投稿日:2020/06/22(Mon) 15:45:42
No.4316  - E-mail -

 こんにちわ、阪急3000系の最後の一編成だった3054Fが、5月初めにひっそりと正雀に回送されたとのことで、廃車によるものだと思われます。この編成は2月下旬頃に運用離脱となり、休車状態で西宮車庫に留置されていたそうで、新型コロナの影響で、お別れのセレモニーなど一切なく廃車解体されるのでしょうか!?
 この編成が廃車になると、昭和30年代の車両が阪急から消滅することになりますが、この編成の伊丹寄りの3003号が、昭和39年製で、まさに30年代の最後の車両になりました。
 3000系といえば80年代には当たり前のように見かけた車両で、よく乗った車両で、方向幕が付けられた車両は、新車ではなくてもコンディションは良好でしたし、付けられていない編成も、妻部のドアーが大型のもいました。
姉妹車で、3000系より地味だった3100系は、一部能勢電で活躍していますし、最後の編成は、お別れ運転を行いましたが、今回はこの異常な事態ということもあって、ひっそり消える運命になるなど、寂しい最後となりました。
 ひっそりと消えた車両といえば、20年前に全廃された5200系も、ひっそりと正雀へ廃車による回送となりましたが、こちらは正雀で惜別のサボを掲げた身内のみのお別れとなり、5251号のカットボディが保存されているのは幸いで、今回の3054Fも、せめてカットボディが保存されれば幸いだと思います…


● 大手私鉄16社による令和元年度の決算

投稿者:京急八王子さん  投稿日:2020/06/10(Wed) 12:50:44
No.4315

連投失礼します
日本民営鉄道協会によると大手私鉄16社による令和元年度(令和2年3月期)の決算が公開されたそうです。

@、鉄軌道部門の営業損益
 関東9社合計は約2067億1400万円(16.3%減)、関西5社合計は約756億6900万円(10.4%減)、16社の合計では約3037億2400万円(14.1%減)となりました。
 関西5社の営業損益の内訳は以下のとおり、5社すべて減少に転じております。
 ○近鉄:約256億1000万円(14.6%減) 
 ○南海:約 92億1200万円(12.1%減) 
 ○京阪:約 89億5100万円(7.0%減) 
 ○阪急:約242億7300万円(8.8%減) 
 ○阪神:約 76億2300万円(1.5%減)   

 また、関西以外の11社では西鉄を除く10社にて減少となりました。
 西鉄のみ前年度に続いて増加。逆に東武は前年度に続いて減少。前年度まで増加していた14社は減少に転じました。
 新型コロナウィルスの影響を受けた
 西鉄は、新型コロナウィルスの影響を受けたものの、新元号(令和)効果が大きかったこともあり増加となったそうです。

A、利用客数(トータルのみ)
 関東9社合計(0.2%減)、関西5社合計(0.4%減)、16社の合計(0.2%減)となりました。
 関西5社の利用客数の内訳ですが、近鉄(1.0%減)、南海(0.2%減)、京阪(0.7%減)、阪急(0.1%減)、阪神(0.3増)となりました。
 また、関西以外の11社では京成・相鉄・名鉄・西鉄を除く7社で増加となりました。
 
 関西5社で見ると、定期利用者は近鉄を除く4社が前年度に続いて増加しましたが、定期外利用者は5社全て減少に転じました。
 関西以外の11社は、定期外利用者は11社全て減少に転じましたが、定期利用者は11社全て前年度に続いて増加しました。

 前年度では16社の利用客数がトータルで105億1300万人と過去最高となりましたが、新型コロナウィルスの影響で更新となりませんでした。
 来年度は全社にて利用客数増加してほしいですね。

詳細を見たい方は以下のアドレスへ
・令和元年度 https://www.mintetsu.or.jp/association/news/9029adf32006e0521b516d2b5735806f0d1d682e.pdf


● 阪急阪神ホールディングス・神鉄の令和元年度決算について

投稿者:京急八王子さん  投稿日:2020/06/10(Wed) 12:09:54
No.4314

こんにちは
阪急阪神ホールディングス(以下阪急阪神HD)および同グループである神戸電鉄(以下神鉄)の令和元年度決算が公表されましたので表示しておきます。

@、阪急阪神HDの都市交通事業
 都市交通事業(連結)での営業収益/損益ですが、営業収益は2271億7600万円(4.8%減)、営業利益は400億5600万円(7.8%減)となりました。
 第4四半期にて新型コロナウィルスの影響を受けた感じですね。
 利用客の増減ですが、阪急は「定期外 2.4%減、定期 2.0%増(通勤 2.7%増、通学 0.5%増)、トータル 0.1%減、阪神は「定期外 2.0%減、定期 2.7%増(通勤 3.0%増、通学 1.4%増)、トータル 0.3%増」となりました。
 鉄道事業(個別)の営業収益/損益につきましては、公表されておりあせん。

A、神鉄の運輸業
 営業収益/損益ですが、営業収益は127億8800万円(1.1%減)、営業利益は9億300万円(17.3%減)となりました。
 利用客の増減ですが、「定期外 1.2%減、定期 0.0%減、トータル 0.4減」となりました。
 本年度は第3四半期までは定期外・定期・トータルにて増加に転じていましたが、第4四半期にて新型コロナウィルスの影響にて水泡に帰した感じですね。
 (第3四半期の利用客の増減:定期外 1.5%増、定期 0.9%増、トータル 1.1%増)

 阪神はトータルで前年度に続いて増加、神鉄はトータルで前年度に続いて減少、阪急はトータルにて減少に転じました。
 阪急・阪神・神鉄3共定期外利用客数は減少。
 神鉄は前年度に続いて定期外、定期利用客数に減少しています。

 新型コロナウィルスの影響により、営業収益は減少しましたが、定期利用客数が増加しているのは意外でした。
 しかし、今後はテレワーク普及の動きが出ていることもあり、今後利用客数がどのようになるか気になるところです。


● 北神線と神戸市営地下鉄との一体的運行について

投稿者:京急八王子さん  投稿日:2020/04/03(Fri) 14:54:02
No.4313

約四ヶ月ぶりのご無沙汰です。

今年も前年に続き決算情報と京王をメインにした情報を投稿して行きます。

と言いながらの北神急行と神戸市営地下鉄の話題です。

今年3月4日、北神急行北神線(以下北神線)の市営化に向けて、神戸市と北神急行電鉄株式会社及び神戸高速鉄道株式会社が国土交通大臣に認可申請しておりましたが、以下の通り認可されたそうです。

●事業譲渡概要
(1)譲渡区間:北神線 谷上〜新神戸間(7.5km)

(2)譲渡金額:198億円(税別)

(3)譲渡日:令和2年6月1日(予定)

申請者の記載もありますがここでは割愛させていただきます。

●運賃
(1)普通運賃:谷上駅から三宮駅を利用した場合現行の550円から約半額となる280円を予定しています

   定期運賃:通勤定期1ヶ月にて谷上駅から三宮駅を利用した場合だと現行2万2300円から1万620円を予定しています

(2)市営地下鉄と神戸電鉄(以下神鉄)を乗り継ぐ場合の運賃:市営地下鉄の運賃と神鉄の運賃を合算したものになります

(3)北神線を含む定期の払い戻し:差額払い戻しを実施します

そのほか北神線に係る制度変更や企画乗車券の発売にも変更あります

●市営バスについて:一部の系統路線にて谷上駅への延伸を計画しているそうです

普通運賃・回数券・定期運賃の詳細はココをどうぞ
https://www.city.kobe.lg.jp/documents/30615/hokushin_ryokin.pdf

本件の詳細はココをどうぞ
https://www.city.kobe.lg.jp/a89954/kurashi/access/kotsukyoku/kotsu/hokushinkyuukou.html

●最後に
開業当初は初乗り運賃が割高なために利用客は少なく、赤字も常態化し債務超過状態に。
その後、利用客が増加して黒字に好転し、上下分離を実施してスリム化したものの、債務超過状態は解消できず。
黒字でも経営破綻の恐れあった北神線ですが、市営化して良かったと思います。
ただ、債券債務は阪急阪神HDにて整理するのでしょうか謎ですね。


● 5000系・ついに編成単位の廃車が・・・

投稿者:麻夫さん  投稿日:2020/03/31(Tue) 16:03:34
No.4312  - E-mail -

 こんにちわ、久しぶりに投稿させていただきます。
コロナウィルス騒動で、世の中は重苦しい雰囲気の中、阪急レールファンにとってさらに残念なニュースが入ってきました。
それは神戸本線で最後まで活躍していた5000系の5000Fが、2月下旬に正雀に回送されたとのこと、その後の動向が危ぶまれていましたが、廃車のためにクーラーなどの機器を外した上で陸送されたとのことで、ついにと感じました。
 この編成は、リニューアル前には4+4で、中間の先頭車にも方向幕が取り付けられ、特に5040号は神戸寄りの先頭車としては唯一パンタ付き表示幕車両となっていました。更にリニューアル後に2071系の代替えとして組み込まれたもと5100系のひとつに5130号があり、こちら5100系時代には先頭に立つことも多く、昭和50年代に山と渓谷社から発売された“ヤマケイ私鉄ハンドブックVoL4”の1ページに先頭車時代の写真がバッチリ掲載されていました。
そんな思いの強い編成の廃車は、大変ショックで、大幅リニューアルされた5000系の初めての廃車とあって、正直現実のことなのかと疑うこの頃です…
 ちなみに昨年秋に関西に訪れたときはまだ元気に活躍していて、これが最後に見た姿でした。また先日、BSプレミアムでは、阪急神戸線で旅をする番組があり、淀川を渡る同編成の現役最後の姿が一瞬映し出されていました…


● 生存確認・新線大阪

投稿者:Fair_Fare@U.R.L.  投稿日:2020/03/26(Thu) 23:58:02
No.4311  - 管理者宛メール -  > 未確認"鉄道"研究室 <

 ずいぶん長らくご無沙汰しておりました。返信を含む投稿ができず、申し訳ありません。また、返信するにはあまりにタイミングを逸してしまったことを、お詫び申し上げます。掲示板の管理は途切れることなく継続しておりますが、返信や投稿については今後も極めて限られた関わりとなる可能性があることをご容赦ください。


 さて、JR西日本公式サイトによると、東海道線支線(梅田貨物線)地下化に伴ってグランフロント地下に建設されている新駅の駅名が「大阪駅」に決定したとのこと。

https://www.westjr.co.jp/press/article/2020/03/page_15901.html

 昨年の大阪駅新改札口整備のリリースから、現大阪駅と新駅を改札内で結ぶ可能性が読み取れましたし、営業面では「はるか」が駅名そのもの大阪駅に直通することをアピールしたいでしょうから、JR西日本内部では早い時期から事実上決定していたのではないかとも推察します。位置付けとしては東京駅における総武線・横須賀線や京葉線のようなものになるでしょうか。ここでは、現大阪駅と区別するために、JRについては地下新駅を「新線大阪」と呼ぶこととします。

 そうなると、その新駅に乗り入れる方向で検討が進められているなにわ筋連絡線を通じて阪急にも「大阪駅」が誕生することになります。また、その阪急大阪駅はJR大阪駅と改札内部で通じる構造にもなります。軌間の違いからなにわ筋連絡線は既存の阪急線と直通しないであろうことから、十三に中間改札が設置されると予想しますが、ともあれ阪急とJRが改札内でつながることが現実味を帯びようとは、この掲示板を始めたころには想像もつきませんでした。

 JR西日本が新線大阪を大阪駅そのものと位置付け、改札内で通じた構造とするということは、たとえば高槻〜新線大阪は、高槻〜大阪と同一区間となり、運賃面でも普通券はもちろん回数券・定期券・ICOCAポイント・PiTaPa割引などを含め区別はされないと考えられます。そうした場合、阪急がなにわ筋連絡線で新線加算運賃を設定することは、はたして現実的でしょうか。また、高槻市〜大阪梅田と高槻市〜大阪を同一区間扱いせずして、並行路線として競争力を維持できるでしょうか。神戸線・宝塚線方面でも、JR東西線開業時に北新地が大阪駅と同一区間扱いされるケースが現れたことに対して、部分的にでもシェアを取り戻すいい機会になるかもしれません。まだ先の話ですが、阪急側でも色々な影響と可能性が考えられそうです。


● Re:(タイトル欄未記入)

投稿者: さん  投稿日:2020/01/20(Mon) 00:53:44
No.4310

↓基本御多忙なんでしょう…
お気持ちお察してあげて下さい↓


過去ログ| |管理者専用

- SunBoard -
(Redesigned by Fair_Fare@U.R.L.)